昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「人生めちゃくちゃ、制裁は受けるべき」“不倫”鈴木杏樹に妻・貴城けいが慰謝料検討

 女優・鈴木杏樹(50)が〈軽率な行動〉を反省するコメントを発表してから約3週間。不倫相手の俳優・喜多村緑郎(51)が出演する舞台「八つ墓村」には連日マスコミが殺到するなど、未だ騒動は沈静化していない。

◆◆◆

喜多村が励んでいた“隠蔽工作”

「週刊文春」が元宝塚トップスターの女優・貴城けい(45)を妻に持つ喜多村と杏樹の不倫関係を報じたのは、2月6日のことだった。

姿を見せない杏樹 ©時事通信社

 喜多村の知人がいう。

「常日頃、彼は、『頑張っているのに、俺はなんでいつまで経っても無名なんだ。いっそのことスキャンダルでも起こせば有名になるかも』と周囲に話していました。今回の不倫騒動で彼の悪名は轟きましたが、『海浜公園で文春に撮られた写真は船から狙われたんじゃないか。あのとき船が急に光ったんだよな』と語るなど、まるで悪びれていなかった」

〈独り身になるつもりでいる〉と杏樹に語ったとされる喜多村だが、貴城には離婚に向けたアクションは何一つ起こしていないどころか、隠蔽工作に励んでいた。

「杏樹さんは3月27〜29日、名古屋で舞台『罪のない嘘』に出演する予定ですが、喜多村さんは俳優・河合雪之丞さんやお弟子さんと一緒に名古屋入りし、現地で彼女と一夜を共にする計画を立てていた。『みんなで行けば妻にもバレずに名古屋を満喫できる』って。喜多村さん夫婦の結婚記念日は1月27日ですが、彼が杏樹さんとの逢瀬のために超高層マンションの一室を奥さんに内緒で契約したのは、その2日後のことでした」(前出・喜多村の知人)

喜多村緑郎

「週刊文春」による不倫報道の直後、喜多村は同物件を解約している。

「3月末に部屋を受け渡す予定になっています。1年未満の解約となったため、家賃1カ月分である約20万円の違約金が発生しています」(不動産関係者)

 ある舞台関係者が喜多村の今後を占う。

「彼の年収は歌舞伎時代に比べて『だいぶ減った』と話していました。舞台のギャラは1本70〜80万円程度、年収は1000万円前後。今後、新たに大きな仕事が舞い降りる可能性は低く、共演NGにする女優も少なくないでしょう」