昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

サザエさんが「不倫宣言」、ワカメちゃんは「愛人発言」……いま磯野家に起きている“異変”

「あたし、恋愛するわ!」

 2月16日の放送で、こう宣言したフグ田サザエさん(24)。磯野家にも不倫の波が押し寄せている!?

◆◆◆

磯野家に起きているある“異変”

 昨年、『サザエさん』(フジテレビ系)は、アニメ放送50周年を迎え、今年1月30日は原作者の故・長谷川町子氏が生誕100年。

原作者の長谷川町子氏

「現在もスポンサー9社を抱え、広告媒体としても人気は健在です。視聴率は常に10%を超え、民放アニメトップ。18年に、長年メインスポンサーだった東芝が降板すると、代わって参入したのが、IT大手のAmazon。世界経済を象徴するような交代劇だと広告業界でも話題になりました」(広告代理店関係者)

 そんな磯野家にある“異変”が起きている。16日の放送では、サザエさんから冒頭の“不倫宣言”が飛び出すと、マスオさんが、「けしからんじゃないか! 僕という者がありながら」と色をなす一幕があった(実は単にトランプで自身の未来を占っていただけ)。

神宮球場で始球式をしたサザエさん

 最近は他の放送回でも、「週刊文春」記者が見過ごせないシーンが散見される。2月9日の放送では、サスペンスドラマを見るワカメちゃんが、サザエさんから「ねえ、どうなった?」と聞かれ、「社長の愛人を埋めたとこ〜」と実況。波平さんが「これが9歳の子供とかわす会話か」と嘆息する。

 1月12日の放送では、近所の防火活動に励むカツオが、サザエさんの友人の不倫現場を目撃。カツオはこの友人から口止め料としてケーキをご馳走される。

「原作はもともとツッコミどころ満載なんです」

『サザエさん』が、“スキャンダル”路線に走っているのか?「サザエさんじゃんけん研究所」の高木啓之所長に聞いてみた。

「いえ、特に最近内容が変わったとは思いません。視聴者が違和感を持つような単発ネタには原作がありますが、もともとツッコミどころ満載なんです。脚本家が長谷川さんの四コマ漫画の元ネタをツカミに使ったりオチに使ったりするのですが、どこでどう使うかによって、見え方が違うだけではないでしょうか」