昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

新型コロナで封鎖 外出禁止の武漢市民は「1カ月の籠城生活」で何を食べているか?

「むしろ日本と韓国の方が心配です」

source : 提携メディア

genre : ニュース, 国際, ヘルス

外出禁止の武漢市民は「1カ月の自宅待機」で何を食べているか

新型コロナウイルスが発生し、交通網が遮断された中国・武漢市。封鎖状態から1カ月がすぎたが、市民はどうやって生活しているのか。ジャーナリストの中島恵氏が、依然として家に閉じこもる生活が続く市民の一人に連絡を取った――。

写真=EPA/時事通信フォト

両親にも会えず、たった1人で籠城生活

「私の場合はもともと『オタク』なので、1カ月以上家に閉じこもる生活でも、大きな不自由は感じていません。でも、幼いお子さんがいる家庭や、高齢者だけの家庭にとって、この“籠城生活”はかなり過酷だと思いますね……。ネットで同じ武漢市内の人々の悲惨な投稿などを見て、思わず涙がこぼれてしまうこともあります」

2月26日、私は武漢市内に住む中国人女性と電話で1時間ほど話をすることができた。この女性は市内のある大学の講師。数年前に会ったことがあり、連絡を取ってみた。

女性のプロフィールについては「メディアからの取材は受けてはいけないと職場で固く禁じられている」という理由で、ここに詳しく書くことはできず、写真も断られたが、女性は独身で、ペットとともに勤務先の大学近くのマンションに住んでいる。

人口1000万人を超える武漢市は漢陽、漢口、武昌などの地区で成り立っており、昨年12月に感染者が集中して出た海鮮市場や、繁華街が多いのは漢口区、企業が多いのは漢口区と漢陽区だ。女性が住む武昌区は30以上の大学が密集している地区。長江大橋を挟んで、他の2つの地区の対岸に位置する。現在は大学が休校していて、寮に住んでいるはずの大学生もまったくいないため、女性の自宅付近は「それほど緊迫した雰囲気ではない」という。

両親も同じ湖北省内の別の都市に住んでいるが、女性は春節期間中に帰省しなかったため、そのまま武漢市内に1人、留め置かれることになってしまった。以来、両親とはウィーチャットなどで会話しているだけで、ずっと会えないままだ。

「事態はわずかに好転しているのでは」

女性は武漢が封鎖される前、12月末から不安な毎日を送ってきたというが、「最近、ようやく大学のオンライン授業が始まりました。資料を作ったり、学生とオンラインで会話したりできるようになり、少しだけ気持ちが晴れて、張り合いも出てきました」といい、電話口の声は意外にも明るかった。