昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

日当3万円の支払いを認めた

 今回の捜査が始まって以降、立道容疑者は周囲に、「みんなが助かるなら自分が全部かぶります」と漏らしていた。

立道容疑者 ©共同通信社

「ただそれも、克行氏に対する忠誠心ではなく、むしろ他の秘書やスタッフらへの配慮でしょうね。というのも、立道氏は案里氏のことはともかく、克行氏のことを快く思っていない。一昨年末に克行氏の秘書を辞めたのも、突然、公設から外されたことが原因のようです。昨年4月の統一地方選に出馬した克行氏の元秘書の選対に入っていましたが、彼女が落選したことで職を得られず、6月から今度は案里氏の選対に入り、当選後、公設秘書になったのです」(前出・元秘書)

 昨年10月、「週刊文春」が立道容疑者を直撃した際は、こう話していた。

「(自分は)後援会という立場。ウグイスのスケジュールを管理していただけ。法定内のことしかやっていない」

2枚に分けられたウグイス嬢の領収書

 しかし、地検の聴取では「違法性を認識していた」と日当3万円の支払いを認めたという。

「立道容疑者は克行氏の指示を受けてやっただけだと見られています。1月以降、連日聴取に通っていますが、なぜか自家用車であるシルバーのプリウスを使わず、バスを使っていた。時には、歩いていくこともあった。どこかに立ち寄ることもなく、おいすがる記者らの問いかけに応えることもなく、黙々と歩き続けていました」(前出・社会部記者)

 今後の捜査の進展は予断を許さないが、河井夫妻には、秘書に責任を押し付けるのではなく、説明責任を果たしてほしい。

2020年1月、国会で取材に応じ、頭を下げる河井氏 ©共同通信社

 3月5日(木)発売の「週刊文春」では、河井夫妻の近況や今後の捜査の行方、安倍政権の新型肺炎対応をめぐる混乱ぶりや、コロナウイルスをめぐるデマの検証、自宅でできる健康法など15ページにわたって特集している。

下記サイトでこの記事をより詳しく購読できます↓
※ロゴをクリックすると各サイトへ移動します

この記事の写真(9枚)

+全表示

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー