昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

批判続々の検事長「定年延長問題」 永田町をざわつかせた高市早苗氏の“正論”

学生時代はヘビメタバンドでドラムを担当していた高市早苗氏。憧れは「聖飢魔Ⅱ」

 黒川弘務東京高検検事長(63)の定年延長問題が、波紋を広げている。黒川氏を寵愛してきた菅義偉官房長官の主導による決定だけに、これまでなら、異論があっても水面下で収まるはずだった。だが遂に閣内からも批判が飛び出した。

 永田町をざわつかせたのが、高市早苗総務相(58)の“正論”だ。2月28日の記者会見で、「総務省では、原則、電子決裁することが規則で定められていて、私も電子決裁をしている」と明言、「会議への出席などは口頭で了解を得る場合もあるが、これは決裁ではなく口頭了解と呼んでいる」とまで言及したのだ。

 検察官の定年延長はできないとしてきた従来の法解釈の変更を「口頭で決裁した」と説明した森雅子法相に対し、野党が国会で「あり得ない」と猛反発している最中の発言。加えて「高市氏は第一次安倍政権から二、三、四次まで全てで閣僚を務めるなど首相と関係が近い」(政治部記者)だけに注目を集めたが、「実は他の元閣僚や重鎮からも批判が表に出てきています」(同前)。