昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

あの人のおかげ? 石橋貴明、フジのレギュラー番組なぜなくならないのか

 とんねるずの石橋貴明(58)司会のトーク番組「石橋貴明のたいむとんねる」(フジ系)が3月で終了。ついに石橋のレギュラー番組消滅か、と思いきや一転、4月からの新番組「石橋、薪を焚(く)べる」(同)が発表された。放送記者が話す。

「一昨年3月、『とんねるずのみなさんのおかげでした』(同)が終わり、翌月から石橋単独で始めた『たいむとんねる』だったが、視聴率は3%台。当初の共演者ミッツ・マングローブが1年で降板し、局アナのアシスタントに代わったのは経費削減策といわれた。結局持ちこたえられずということで、さすがに“次”はないと思われたが……」

石橋貴明 ©文藝春秋

 次の「薪を焚べる」は関東ローカル。時間帯も24時25分開始と後退。

「文化人、スポーツ選手など幅広いゲストを呼び、焚火を囲んでトークする。『キャンプ究めます。打倒ヒロシ!』と石橋はキャンプ動画で人気の芸人・ヒロシを意識している」(同前)

 芸歴40年、数多の番組でメインを張ってきたとんねるず。ラジオやネットなどマイペースな活動に転じた木梨憲武(57)に比べ、石橋はテレビのレギュラー維持にこだわるが、深夜帯は“都落ち”感が否めない。

「かつて『みなさん~』で視聴率20%超をキープし、フジ黄金時代に寄与した石橋だが、さすがにフジも今回は深夜枠しか提供できなかった。しかし、打ち切っておしまいにせず新番組を用意するのは、やはり異例」(テレビ編成関係者)