昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「クルーズ船隔離は失敗」と簡単に判断できない理由――感染研のデータを読み解く

source : 提携メディア

genre : ライフ, 医療, 社会, 経済, 国際, メディア, 政治, サイエンス

クルーズ船二次感染のインパクト あったのか、なかったのか

感染研が発表したデータを読み解く

クルーズ船二次感染のインパクトあったのか、なかったのか

クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の前に並ぶ救急車(2月11日)

  本稿執筆時点で、ダイヤモンド・プリンセス号の乗船者約3700人のうち、感染者は706人となりました。(https://www.youtube.com/watch?v=DiR0Nkl-F6g
 
 クルーズ船は閉じられた空間で長い間、人が同居するため、昔から感染に弱いと考えられてきました。呼吸器感染や下痢症のアウトブレイクが起きてきました。しかし、これほどの規模の感染アウトブレイクは人類史上初と言えましょう。感染症学や疫学の教科書にも記載されるであろう、大事件でした。

 検査をするたびに何十人もの方が陽性になるので、クルーズ船内の感染対策がちゃんと行われていないんじゃないの?という懸念が起きていました。それに対する回答の一つが、国立感染症研究所(感染研)からなされました。2月19日のことです。

発症日から大まかな感染時期を推定

 すべての感染症には潜伏期間があります。新型コロナウイルスの場合は、2~14日程度と考えられ、多くの方は感染7日目前後で発症します。もっとも、全く発症しない「不顕性感染」も多いのですが。

 つまり、検査が陽性になった日は「感染日」ではないのです。感染した日は、ウイルスが目に見えない以上、原理的には正確に言い当てることはできません。しかし、(検査日ではなく、検査結果発表日でもなく)「発症日」がわかっていれば、「感染時期」も大まかには推測することはできます。まあ、ざっくり言えば発症日より1週間かそこら前に感染していたんじゃないのかってことです。

 で、感染研は、その発症日のデータを用いてエピカーブという、発症日を横軸に、発症者を縦軸にとるグラフを作りました。これで感染者の動きを推測するのです(https://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/ka/corona-virus/2019-ncov/2484-idsc/9410-covid-dp-01.html)。