昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“ダンス講師”になった早見優53歳 記者が訪ねると本人が出迎えてくれて……

「あの往年のアイドルがフィットネスダンス講師をやっているんです。“本物”が約3000円という破格でレッスンしてくれるということで人気を博し、予約はすぐに埋まる。全国から熱狂的ファンも駆けつけているそうです」(芸能デスク)

◆◆◆

 レッスンが開かれるという都内のスタジオを「週刊文春」記者が訪れると、出迎えてくれたのはタレントの早見優(53)ご本人。この日の生徒は30代から60代までの約40人。遠路、大阪からやってきた人もいるとか。

 爆音の音楽がかかり、生徒に相対する早見が「フウ〜ッ」と掛け声をかけながらテンションMAXに踊り始め、レッスンがスタート。数分でスタジオの窓ガラスが曇るほどの熱気に包まれるのだった――。

 早見本人が語る。

「指導しているのは『ZUMBA』という、メレンゲ、レゲトン、サルサ、クンビアなど世界の様々な音楽に合わせてエクササイズする、アメリカ発のダンスフィットネスです。みんなでハイタッチや拍手をしながら踊るので、パーティーに参加しているような感覚もある。私が随時振付を教えるのではなく、私の振付を見ながら同じように踊ります」

生徒たちと一緒に踊る早見

早見がインストラクターになったきっかけは?

 レッスン中盤には、1983年の紅白歌合戦で歌った早見の代表曲『夏色のナンシー』のリミックス曲をかけながらダンスする場面も。実は同曲はズンバの公式曲目に選ばれ、世界各国で踊られているという。

 早見がズンバと出会ったのは10年ほど前。インストラクターの資格を得たのは2年前だが、そのきっかけは前年に子宮筋腫の手術を受けたことだった。

「筋腫の影響でずっと腰痛に悩まされ、本当につらい日々を過ごしていました。だから芸能活動をセーブして、手術に踏み切った。でも手術後は3カ月ほど身体を動かすことができず、鬱々としていました。ようやく動けるようになった時にスポーツクラブでズンバのクラスに参加したら、こんなに身体を動かすことが楽しいんだなって。

 同世代には親を介護したり、子育てが終わっていなかったりで、自分のために時間を費やすのが難しい方も多い筈。でも、週の少しの時間でも運動すれば、気持ちも変わると思います」