昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

the Style Beauty 鉄壁UVカットから絶品ファンデまで。 2020ベースメイク最前線

今年の肌、何をまとって外に出る?

2020/03/13

PR

女性だけではなく男性にとっても、紫外線は“肌老化”の最大の原因。今春は肌を守りながらいきいきと見せる、優秀なアイテムが百花繚乱だ。

価格表示は税抜き本体価格です。【unisex】は女性だけでなく男性にもおすすめのアイテムです。

邪悪な紫外線をどう防ぐ? 男も女も当然のUVケア

 ついに男も日傘をさす時代になった。ただそれも当然のこと。確かに最近の紫外線は、邪悪さを感じさせるほど強烈。その中へ、全く無防備で出かけていくのはもう非常識という他ないのだろう。

 ましてや、PM2.5や排気ガス、花粉などにも肌をさらしていれば様々なトラブルの原因になるとも言われる。加えて、かつては問題にならなかったようなものまでぐるりとアレルゲンになるほど、アレルギーのリスクが高まっている。広い意味での大気汚染から肌を守るのは、年齢も性別も問わず、もう当たり前のことなのだ。

 そうした時代のニーズも踏まえ、UVケアがそれぞれに個性的な進化を遂げているのを見逃さないで欲しい。例えば、太陽光線の中でも逆に肌にハリと弾力を与える赤色光だけを肌の中に積極的に取り込む、逆転発想のUVケアまで生まれているのは象徴的。そもそもUVケアが“肌に負担になる”、“白浮きする”はもう過去の話。今シーズンは、義務感で塗るのではない、むしろあえて塗りたくなる、傘より魅力的なUVケアが増えていること、知っておきたい。

(1)むしろ日差しを味方につけハリ、弾力を生む凄いUVケア【unisex】
肌にとって悪者の紫外線と近赤外線はシャットアウト、でも肌のハリ、弾力を生む鍵となる赤色光だけは選んで通す特殊なフィルターついに実現、肌に良いUVケア。B.A ライト セレクター SPF50+ PA++++ ¥11,000/ポーラ 0120-117111(3/2発売)

(2)「いつの間にか日焼け」を防ぐと肌が乾かなくなる【unisex】
ガラス越しにでも肌の一番奥まで届くディープ紫外線を防御、肌の乾燥も強力に防ぐ頼もしすぎる逸品。アスタリフト D-UVクリア アクアデイセラム SPF50+ PA++++ ¥3,900/富士フイルム ヘルスケア ラボラトリー 0120-596-221(3/1発売)

(3)この1本で、最強UVも最強エイジングケアも!
1万円UVケアが少しも高くないことを日々思い知らせてくれる、絶対焼けない、肌が老けない、ハリも弾力も透明感まで生まれる至高のUV自信作は一度試すべき。エスト UV プロテクト セラム SPF50+ PA++++ ¥10,000/エスト 0120-165-691

(4)伝説的名品が最強UV効果と毛穴レス肌を両立させた
言わずもがなの下地の名品が、UVケアの最高値を叶えながらも欠点のない明度肌を作って更なるヒット。プロテクティング ファンデーション プライマー SPF50+ PA++++ 全2色 各¥3,500/ポール & ジョー ボーテ 0120-766-996(3/1発売)

(5)アウトドアUVの老舗が放った進化型UV【unisex】
UVケアでできることの限りを尽くす名品が進化。とても自然に顔色良く生き生き見せるCCタイプは男性にも。サンシェルター トーンアップCC SPF50+ PA++++ 全3色 各¥3,000/コスメデコルテ 0120-763-325(3/16発売)

何をまとって出かけるかで未来が決まる?

 一方で、UVケアのジャンルが大きく動いてきている。女性にとっては日常的なベースアイテムが昨今どんどん増えてきていて、今や混沌としてしまっているのだ。そこで朝出かける前にそうしたものを何層も重ねたくないという生理的なニーズから、UVケアを兼ねた下地やBB、CC、さらにはフェイスパウダー、ハイライターなどでもスキンケア効果やエイジングケア効果を兼ねた高機能、多機能なベースがにわかに増えてきているのである。その結果、今年はファンデーションよりもむしろUVケアやベースアイテムの方が注目を浴び、主役に躍り出ているというわけ。

 いずれにせよ今の時代、肌に何をまとって外出するか、外敵をどう防ぐか、それが何十年か後、未来の自分の見た目を決めるというほど、環境悪化が激しくなっているのは事実。年齢も性別も問わず、こうしたベースアイテムの進化を他人事と思わないでほしい。目に見えないプロテクターは絶対にまとって出かけるべき。人生100年時代、ちゃんと若々しく生きるための鍵の1つがここにある。

(1)テカリも毛穴もない清潔感あふれる素肌作り【unisex】
大人気ファンデから生まれた下地は、皮脂をコントロールし毛穴を引き締め清潔感溢れるスッピン肌を作ってくれる。バリア機能も強化するから不安定な肌にも最適な肌荒れ防止下地。レソンシエル プライマー ¥6,200/ゲラン 0120-140-677

(2)凹凸、色ムラ、毛穴、小ジワ補正下地がコンパクトに!【unisex】
ファンデの上からも使え、メイク直しに最高便利なコンパクトは、嫌なもの全てを消し去る超補正下地。おまけにひんやり、透明感とツヤをもたらす高機能。SHISEIDO シンクロスキン トーンアップ プライマーコンパクト SPF 24 PA++ ¥4,800/資生堂 0120-587-289

(3)肌が若く生き生き見える光のアンチエイジング!【unisex】
ニュアンスとしての光を巧みに作る名品にヘルシーなゴールド系新色登場。より自然な艶めきは、どんな肌も若々しく見せる。衰えが気になる男性にも使ってほしい。シマー リクイド ハイライター 02 飾艶 ¥3,900/SUQQU 0120-988-761

(4)美肌を作ることに徹したファンデを超えたヴェール
「メイクしてます」という印象にならずに、肌をどこまで美しく見せられるか? に挑んだ新シリーズのファンデならぬ肌色ベース。肌の欠点を自然に隠して、ツヤと透明感を高め大人の肌を清潔に見せる。スキンヴェール ¥5,000/グリッド 03-5412-1975

(5)いわゆるレフ板効果でふわり際立つ立体美!
撮影時のレフ板効果を生むホワイト層、肌なじみ色をマーブル状に。その肌に足りない光の色を測定する肌測定器イプサライザーで自分色をチョイスするハイテクハイライター。確かに目が輝き、発光肌になる。キャッチライトスティック 全3色 各¥3,500/イプサ 0120-523543

韓国発のクッションタイプが、今やコスメ界も席巻する?

 ファンデーション市場でも今、ちょっとした異変が起きている。一過性に終わると思われていた新形状“クッション”タイプが一躍、世界的な王道タイプの1つになりつつあるのだ。今シーズンもクッションの新製品が続々。しかもクッション自体の進化も始まっていて、これまでのようにウレタンにリキッドタイプを染み込ませるのではなく、特殊なネットの中にジェルを詰めこみ、より密着性の高い仕上がりをもたらしている。

 クッションタイプの特徴はなんといってもツヤと素肌感、そして化粧もち。すでに不満はほとんどないのに、更なる進化を遂げることは間違いないのだ。ちなみにこのタイプを発明したのは韓国企業。映画界だけでなくコスメ界も席巻しているコリアンパワー、恐るべし。

(1)見目麗しきD&G初クッションは水系成分60%のジェリータイプ
保湿成分を贅沢配合し、バリア機能をアップする高機能ながら発光肌を作る仕上がりの美しさも秀逸! ドルチェ&ガッバーナ プレシャスキン パーフェクトフィニッシュ クッションファンデーション SPF30 PA+++ 全4色 各¥8,500/DOLCE&GABBANA BEAUTY 0120-500-722(3/11発売)

(2)美しい血色透明肌を作る前例のない美肌クッション
バラ色の透明肌へと導くトーンアップなクッション仕上げは史上初。ブライトニング効果に加え、肌内部の反射光を最大化するテクノロジーで血色プラス。下地にも化粧直しにも。ル ブラン トーン-アップ ロージー タッチ SPF30 PA++ ¥7,500/シャネル 0120-525-519(3/6発売・特別限定品)

(3)フローレスへのこだわりで素肌の美しさとことん追求
欠点のないつるんとしたツヤ肌作りに定評があるローラのクッションは、素肌感とカバー力のバランスがまさに絶妙。フローレス ルミエール ラディアンス パーフェクティング クッション SPF50 PA+++ 全5色 各¥5,800/ローラ メルシエ ジャパン 0120-343-432(3/4発売)

(4)ピンとしたハリで上質美肌 先進“テンション仕上げ”へ!
最先端のテンション・テクノロジーを採用。肌に緻密な化粧膜をぴたりと密着させ、クッションの手軽さそのままに、キメまでぴんとするテンション仕上げへ。タン・クチュール・クッション 全6色 SPF20 PA++ 各¥7,100/パルファム ジバンシイ 03-3264-3941

目に見えないカバー力は男性も塗らないと損をする

 さてクッションタイプの進化に刺激されるように、従来のパウダーファンデやリキッドファンデの進化もまた目覚ましい。リキッド系はどんどん美容液に近づき、パウダータイプはどんどん粉感がなくなっている。このジャンル一体どこまでいくのかという勢い。男性のファンデ使用率も年々高まっているが、どのタイプであれ、ファンデーション自体が目に見えないものになってきているのは確か。つまり見えないのに欠点はちゃんとカバー、見えないのにちゃんと素肌そのものが美しいように見せかける、そういう1つの理想に限りなく近づいていると言っていい。だからこそ男性も使わなければ損。肌の清潔感は、年齢を問わずそっくり好感度につながるのは、間違いないのだから。

(1)クマくすみを防ぐニュアンスコンシーラー【unisex】
ライトピンクは自然なトーンアップ、ベージュは肌に溶け込み、ナチュラルオレンジは青みのクマに。いずれも目の下の三角ゾーンにのせるのが鍵。ルナソル グロウイングトリートメントリクイド 全3色 各¥3,200/カネボウ化粧品 0120-518-520

(2)粉が見えない感じないパウダータイプにホワイトが
シルクのさらり感触で清らかなキメ仕上げが目を見張るほど美しい。塗っていないような軽やかフィットの化粧膜は粉感ゼロで、日中ずっと、夜まで続く。ホワイト パウダレスト SPF25 PA++ 全6色 各¥5,000/アルビオン 0120-114-225

(3)ほとんど高効果美容液なエイジングケアファンデ
高効果エイジングケア成分「スプレム・エーデルワイス」配合。半端ではないスキンケア効果でツヤとハリを与えて美人顔の立体フェイスに。プロディジー CELグロウ エッセンス ファンデーション 全6色 各¥14,000/ヘレナ ルビンスタイン 0120-469-222

(4)光のエッセンスと透明パールで端正な発光肌へ
美容液のような心地よさ。肌を柔らかく端正に整え、発光させるような光のエッセンスと透明パールの効果。乾かないから崩れない、どんな環境でもキレイが続く。タン クラリフィック リキッド SPF25 PA+++ 全5色 各¥6,000/ランコム 03-6911-8151(3/13発売)

(5)いつの間にか肌色補正。ハッとするほどの見違え肌へ!
“透き通る感” のある見違える肌へ仕上げる3色おしろい。均一なつるんとした皮膚感へと凹凸をカバー。ほのかな艶感も美しい。Amplitude トランスルーセント プレストパウダー 全4色 各¥6,800/アンプリチュード 0120-781-811(3/18発売)

(6)パウダーなのに悩みケア? イトリンならではの斬新【unisex】
EvenとEffectの“EEクリーム”は絶妙なバランスで、たるみや毛穴の見えない肌に導く下地。パウダーも肌悩み別に赤み用、くすみシミ用、顔色の悪さ用の3種。欠点をふんわりカバーしつつトラブルをケアしてくれる。左から エレメンタリー エッセンシャル EEクリーム SPF50 PA++++ ¥10,000、エレメンタリー フェイスケアパウダー 全3種 各¥8,800/ITRIM 0120-151-106(以上3/10発売)

化粧の未来! 肌色それぞれにカスタムできるメイクシート

右上)Snow Beauty Mirrorで肌色を測定。
右下・左)カスタマイズシートは肌のシミなどを自然に隠す。
右上)Snow Beauty Mirrorで肌色を測定。
右下・左)カスタマイズシートは肌のシミなどを自然に隠す。

パナソニックが開発した「Snow Beauty Mirror」は、肌のシミやシワ、肌色などを解析。さらに、測定した肌色に合わせて、コーセーと共同開発した色味のシール状メイク材「カスタマイズシート」を作成できる。100ナノメートル(0.0001mm)の薄さで、肌に貼るとシミや色ムラをカバー。昨年末から東京・銀座の「メゾンコーセー」で試験的に実施、人気を博した。全国でのサービス開始が待たれる!

さいとうかおる◯女性誌編集者を経て美容ジャーナリスト、エッセイストに。現在24本の雑誌連載をもつ。近著に『大人の女よ!もっと攻めなさい』。

Photographs:Fumito Shibasaki(donna)

出典元

安倍官邸の戦犯を名指しする

2020年3月5日号

2020年2月27日 発売

定価440円(税込)