昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

共働き家庭からは悲鳴が…… ワーママが「一斉休校」にモヤモヤする3つの理由

source : 提携メディア

genre : ライフ, 医療, 社会, 政治, 経済, 働き方

共働き家庭は阿鼻叫喚…ワーママが「一斉休校」にモヤモヤする3つの理由

 新型コロナウイルス感染症関連のニュースに不安な日々が続いています。2月27日、いきなりの「一斉休校」という報道に震撼(しんかん)して1週間。全国の小中高校に通うお子さんを持つ方々、いかがお過ごしでしょうか。

生活の見通しが立たないストレス

共働き家庭は阿鼻叫喚…ワーママが「一斉休校」にモヤモヤする3つの理由

 わが家には小学2年生の娘がおり、両親は共働きの医療従事者のため仕事を休むという選択肢はなく、祖父母には頼れない。前もって分かっていたならまだしも、突然のことなので、子供を頼める人を手配していない。通常の長期休みなら、スプリングスクール、キャンプ、スキー、民間学童のデイキャンプなど、子供の居場所サービスの選択肢が多数あるのですが、当然ながら今回は何もない。100円ショップで工作の材料を大量に買ったり、本屋でマンガを大人買いしたり、ハウスキーパーさんに長めに家にいてもらったり、いつもお願いしているお留守番サービスのお姉さんに多めに来てもらったり……。なんとか一日一日をやり過ごしてきました。

 最近になって、同じ境遇のお子さんを何人か職場で預かっているお友達のところに通わせてもらうようになり、ようやく生活のリズムが整ってきました。そうすると、子供も精神的に安定してきたので、やはり「生活の見通しが立たない」というのは、親子とも消耗するものだと実感しました。

 今回の一斉休校には従うしかありませんが、ワーキングマザーとしてモヤモヤする点を三つ挙げたいと思います。

なぜ高齢者でなく、子供なの?

 一つ目は、なぜ高齢者などの重症化ハイリスクの方々でなく、子供たちの行動と学ぶ権利を制限するところから大鉈(おおなた)を振るったのでしょうか。必ずしも子供の感染者が多かったり重症化しやすかったりするわけではなく、子供が感染を広げているという根拠があるわけでもありません。もちろん、未知なことが多いウイルス感染症であるため、可能性があるかどうかでいうと「ある」わけですが、なぜここで高齢者でも労働者でもなく、就学児童の行動に大鉈を振るったのか。子供の命を守るためなのか、子供を媒介して感染を拡大させないためなのか。政策の目的がはっきりと見えてきません。