昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

放送部長のペット「イグアナ」がニュースに登場 NHKは「不適切」

 NHK北九州放送局の放送部長が、自らが飼っていたイグアナをニュース番組に登場させていたことが、「週刊文春」の取材で分かった。

 NHK北九州放送局が制作する夕方のニュース番組「ニュースブリッジ北九州」。2019年8月に放映された同番組の視聴者の投稿動画を取り上げるコーナー「いいね! いいとこ! 動画」で、イグアナの動画が紹介された。

「吾輩はイグドン。この世に生を受けて8年のオスのグリーンイグアナじゃ」というナレーションとともに、家中を歩き回るイグアナ。1分10秒の動画は、放送後、同局の公式ツイッターでも配信された。

投稿された動画(NHK北九州の公式Twitter)

 実はこの“イグドン”は、NHK北九州放送局の放送部長が飼っているペット。放送部長や妻のSNSでは、“イグドン”の写真や動画が何点もアップされ、「人懐っこくて、パパとママは益々親バカになるばかり(笑)」などと書かれていた。

 放送部長に電話で経緯を尋ねると、

「私が飼っている、あの、動物をってことですよね。直接取材に答えるわけにはいかないので、折り返しをさせていただいてもよいでしょうか」

 そう言って電話を切ったが、折り返しはなかった。

NHK北九州放送局 ©文藝春秋

 翌日再び電話をすると、

「組織のアレの話になるので、私が個人的に答えるのではなく、広報部を」

 NHK広報部は、「週刊文春」の事実確認に対し、次のように回答した。

「放送した動画は、放送部長の家族が視聴者用の投稿フォームから投稿したものです。放送部長本人は、『放送で使用することの判断には関わっていない』と話していますが、『身内を特別扱いした』との疑念を持たれかねず、不適切でした。今後は、このようなことがないよう努めてまいります」

部長の妻のインスタより

 その後、公式ツイッターから、イグドンの動画は削除された。

 3月12日(木)発売の「週刊文春」では、NHK放送部長の人物像やイグアナへの溺愛ぶり、直撃の様子について、詳報する。

この記事の全文は下記サイトで購読できます
Yahoo!ニュース

この記事の写真(3枚)

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー