昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能

「SixTONESは『SixTONES vs Snow Man』名義、Snow Manは『Snow Man vs SixTONES』名義で、それぞれシングルをリリースし、どちらのCDを買ってもそれぞれのシングルが聴けるようになっています。2枚のCDはレコード会社も違うのですが、売上枚数は2組の合算になっている。さらに『スペシャルイベント+ハイタッチ会』の応募券がついているのですが、応募できる期間は1月21日12:00~1月26日23:59までとかなり短い期間になっています。業界ではこれらの手法により売り上げが上がっただけではないかと批判する人も多いのです」(同前)

「Snow Man vs SixTONES」(公式HPより)

出会いは2017年の秋。港区個室カラオケバーでの飲み会

 そんな賛否両論あるデビューで話題の「SixTONES」。その華々しいデビューの裏で、涙に暮れていたのが、冒頭に登場したA子さんだ。A子さんは田中と2017年の秋ごろから恋愛関係にあった。

「私と樹くんの出会いは2017年の秋です。友人からの誘いで、港区にある個室カラオケバーでの飲み会に参加すると、そこに樹くんがいました。私はジャニーズの子だと知っていましたが、特に気を遣うこともなく話していました。樹くんはノリが良い子が好きみたいで、私のことを気に入ってくれたのか、その場で連絡先を交換しました。その後、連絡を取り、遊ぶようになりました」

 2人の関係は2019年の春先まで続いたという。

「仕事終わりに私の家に泊まりに来たり、渋谷区や港区の会員制カラオケバーで開かれた大勢の飲み会に私も樹くんも参加した後、私の家に来るというパターンが多かった。樹くんは当時、実家に住んでいたのですが、実家は都心からは少し距離がありました。だから私の家に泊まりに来ることが多かったんです。私も『いつでも泊まりに来て良いよ』と話していました」

田中樹がA子さんの自宅を訪れた際のインターホン画像

 泊まりに来た際、A子さんは田中のためにできることはしていた。