昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

今年1月には「どちて?」で炎上

 今年1月にもあまりにも軽いツイートが話題に。米国のイラン攻撃に関し、「自衛隊が送られるのか」とする質問に「真面目なお問い合わせは事務所宛に。氏名、住所、電話番号を添えて」と、匿名のものは相手にしないと言わんばかりの返答。これでは政治家がSNSで発信する意味もなく、「恥を知れ」と批判されたが、今度は「どちて?」と小馬鹿にしたような絵文字付きで反論、炎上した。

 京都府出身。関西大、京大院を経て、松下政経塾へ。2005年、09年の衆院選に京都二区から出馬し、民主党(当時)の前原誠司氏に連敗(05年は比例復活)。地元の自民党関係者によれば「後援会長に挨拶に行かない」「電話の1本も寄越さない」と問題児扱いで、結局山本氏は「地方議員にいじめられた」と捨て台詞を吐き、国替え。神奈川四区の公募に応じた。

 新天地でも軋轢が目立つ。後援会を作るのは時間や労力の無駄だと公言して、当時の政権幹部から大目玉を食らったこともあるほど。

 小選挙区は5連敗。復活当選の4回のみでも生き残っていられるのは、同じ神奈川が地元の菅義偉官房長官が庇護者だからだ。菅氏を支える無派閥の若手グループ「ガネーシャの会」の中核で、名付け親でもある。ガネーシャは「現世利益の神」だから、まさに山本氏らしいネーミングだ。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー