昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

フジ記者の質問に桃田は不快感を押し殺しながら……

「事故があった時に、アンラッキーに感じる部分と、生きることができたというラッキーに感じる部分と、ご本人はどのような受け止め方をされていますか?」

 この質問に対して、桃田は「事故で亡くなってしまった方がいる中で、ラッキーと思ったことは一度もなかったです」と、不快感を押し殺しながら冷静に回答した。

 実はこの質問の主、フジテレビのスポーツ局でバドミントンを担当する男性記者だった。フジのスポーツ局関係者はガックリ肩を落としながら、こう憤る。

「桃田選手は憤慨しているようで、所属先のNTT東日本から厳重注意を受けました。日本バドミントン協会もブチ切れている。しかも民放は五輪中継の競技の割り当てをクジ引きで決めるのですが、うちはクジを外しまくり、金メダルが出そうな競技は男子バドミントンくらいなのです。桃田選手が復帰してホッとしていたのに、自分たちで怒らせるようなことをして、スポーツ局の人間はみんなため息をついています」

 試練をくぐり抜けるたびに強くなるのが桃田。五輪本番での復活劇に、フジは期待するしかない。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー