昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

29歳の若さで謎の死を遂げた人気俳優の秘密 「ジョン・F・ドノヴァンの死と生」を採点!

シネマチャート

〈あらすじ〉

2006年、ニューヨーク。人気俳優のジョン・F・ドノヴァン(キット・ハリントン)が29歳の若さで謎の死を遂げた。それから10年の歳月が過ぎた2016年、新進の若手俳優ルパート・ターナー(ベン・シュネッツァー)が、幼い頃にドノヴァンとやりとりした100通もの手紙が、一冊の本として出版される。プラハのカフェで著名なジャーナリストの取材を受けるルパートは、すべてを明かすと宣言し、ロンドンで子役をやっていた11歳の頃(ジェイコブ・トレンブレイ)を振り返り始める。

〈解説〉

『たかが世界の終わり』のグザヴィエ・ドランにとって初の英語による脚本・監督作。無名の少年との秘密の文通を鍵にスターの光と影に迫る、ミステリー仕立てのヒューマンドラマ。123分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★☆☆立派なキャスティングで子役も巧く、前半は興味を持ったものの、後半はいったい何が言いたいのか? 話の構成悪凝り。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★☆☆☆ドランが迷走している。持ち前の活力と色彩感覚が影を潜め、自己耽溺の体質が表に出てしまった。くどくてお説教臭い。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★☆☆人気俳優ジョンの孤独が全く伝わらなかった。配役も豪華で期待しすぎたせいか。謎のない謎解きに付き合わされたよう。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★★☆自分ネタの棚卸しで豪華配役のドラマを作る胆力が凄い。作法も世界像もひとつの完成を迎えたドラン、次回は正念場か。

  • 洞口依子(女優)

    ★★★☆☆いつも通りドランらしい映像の中で魅力を放つ女優たちや少年。だが編集で映画の何かを喪失、或いは悦に入り過ぎたか。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
©2018THE DEATH AND LIFE OF JOHN F. DONOVAN INC., UK DONOVAN LTD.

INFORMATION

「ジョン・F・ドノヴァンの死と生」(カナダ、英)
3月13日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー
http://www.phantom-film.com/donovan/

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー