昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

米、マカオよりも実はヤバい「日本はすでに疑似カジノ化している」

一獲千金の誘惑 #2

source : 提携メディア

genre : ライフ, 医療, 社会, 国際, マネー, 働き方, 企業, 娯楽

一獲千金の誘惑(下)日本はすでに「疑似カジノ」

ギャンブルが原因でホームレスに

【1】ギャンブルの沼 3 一攫千金の誘惑(下)日本はすでに「疑似カジノ」

 厚生労働省が2018年に発表した「ホームレスの実態に関する全国調査」によると、対象となった全国1741市区町村で、確認されたホームレスの数は4977人だった。ちなみに、「ホームレスの自立の支援等に関する特別措置法」、および「ホームレスの自立の支援等に関する基本方針」によると、「都市公園、河川、道路、駅舎その他の施設を故なく起居の場所とし、日常生活を営んでいる者」がホームレスと定義される。

 約5000人が多いかどうかの判断は難しい。ただ、日本国憲法第25条では、「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」と「生存権」が保障されている。定住地、定職を持たず、社会保障など「国民のだれもが持っている権利」さえも放棄しているのだから、ホームレスはすべて「わけあり」と考えていい。

 国内でホームレスへの支援をしてきた「ビッグイシュー日本」共同代表の佐野章二さんは、長年の経験からこう断言する。

 「ホームレスになってしまう最大のきっかけは、借金からの逃亡。とくにギャンブルが原因である割合が大きい」

薬物とギャンブルは、人間の生活を一瞬で破壊する可能性がある

 1991年に英国で生まれたビッグイシューは、月2回、発行元が編集・発行する同名雑誌を、街角でホームレスが販売し、1冊売れるごとに180円のインセンティブ(歩合)が売り手の手元に残るモデルだ。東京や大阪の繁華街などでは、道端に立ったまま雑誌を掲げている人を見かけることがある。

スタッフと打ち合わせをするビッグイシュー日本の佐野章二共同代表(左)

スタッフと打ち合わせをするビッグイシュー日本の佐野章二共同代表(左)

 日本では2003年にスタートしてから、累計で700万部以上が売れ、労働対価としての収入機会を提供することで、ホームレスの自立を支援してきた。もちろん、ホームレス全員がギャンブル問題を抱えているわけではない。それでも、数えきれないほどのホームレスと向き合ってきた佐野さんはこう訴える。