昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能

沢尻エリカでは“ベテランの帰蝶”になってしまう

 帰蝶を好演する川口に対してはSNSなどでも「とんでもない掘り出し物だったのかもしれない」「川口春奈さんの帰蝶様 凛として好き」「光秀と帰蝶って不倫くさかったと思うけど、川口春奈だと帰蝶の初恋、片思いっぽくていいな」と称賛の声が上がっている。宝泉氏は川口が評価される理由を次のように語る。

「一番は年齢設定だと思います。二十歳前後の設定だと思うのですが、これまで沢尻さんが撮っていたと言われる10回分に関しては、川口さんの年齢設定のほうが合います。沢尻さんが33歳で川口さんが25歳ですが、この2人にはキャリアの面で8歳以上の差がある。沢尻さんは26歳で映画『ヘルタースケルター』でヌードを披露し、スキャンダルも多くベテラン感が漂っていた。

 今作はその存在感を評価してのキャスティングだったと思いますが、第9回では染谷将太さん演じる信長と帰蝶が初対面します。信長役の染谷さんは27歳で沢尻さんより若く、信長と帰蝶の関係性で帰蝶のほうにベテラン感が出ると違和感が出てしまう。染谷さんと川口さんの夫婦のほうがしっくりくるんです」

帰蝶と信長役の染谷将太(NHK「麒麟がくる」より)

 まさに怪我の功名となり、勢いに乗る川口。プライベートでは昨年12月に「RIZIN」を主戦場とする総合格闘家の矢地祐介(29)との「お泊まり愛」を「FLASH」(12月3日号)にスクープされている。

彼氏の勝利に号泣していた川口

「矢地さんとは1年以上前から付き合っている。川口さんは昨年12月29日に彼が出場する試合会場に駆け付け、彼が勝利を収めると観客で号泣するシーンがカメラに映し出されていました。2人は都内にある川口の高級マンションで半同棲しているそうです。交際は順調のようですよ」(芸能プロ関係者)

矢地祐介 ©時事通信社

 昨年5月に麻布十番にある有名蕎麦店を彼と訪れたときも川口は人目もはばからず、彼にしなだれていたという。目撃した客が語る。