昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能

彼に寄りかかって肩に手を掛け、頬に顔を近づけて

「お昼頃に私たちが食事をしていると、女性と男性2人の3人が店内に入ってきました。茶色のキャップを被った女性はスタイルがよく、かわいいロングのワンピースで顔を見たらすぐに川口さんだとわかりました。店内は満席でしたが、誰も川口さんたちに気づいている人はいませんでした。川口さんが隣に座った白いTシャツの矢地さんに『これも美味しいよね』と、話していたりして2人の行きつけのようでした。

 蕎麦を食べ終えて彼がお会計のときに床に財布を落としてしまい、転がった財布をお客さんに拾ってもらうと何度も『すみません』と平謝りしていて、その姿を見た川口さんが大笑いしていました。お店を出るときに川口さんが彼に寄りかかって肩に手を掛け、頬に顔を近づけていました。本当に幸せそうで、川口さんのほうが惚れている感じでしたね」

高級蕎麦店でデートする川口と矢地

矢地は直撃取材に「アハハハ、そうなんですね」

 3月14日、トレーニング終わりの矢地選手に話を聞いた。

――川口さんが「麒麟がくる」で帰蝶役を熱演していますが、いかがですか?

「ちょっとまあ、なんともいえないんですよ(笑)」

――女優としての評価が急上昇していますが?

「そうなんですね」

――川口さんは4月からスポーツキャスターもされますが、矢地さんの影響もあったのでは?

「ちょっとわからないですけど、すみません(笑)」

――交際は順調ですか?

「ほんと何もいえないのでごめんなさい」

――今日はホワイトデーですが、川口さんに何かお返しはされるんですか?

「アハハハ、そうなんですね」

――川口さんと一緒に住まれていますか?

「何も言えないので……。来ていただいたのにすみません」

高級蕎麦店で談笑する矢地と川口

 川口の所属事務所に交際について問い合わせると、「プライベートは本人にまかせております。同棲はしていません」との回答だった。

 信長の全国制覇の端緒となった1560年の桶狭間の戦い。川口にとって2020年は”桶狭間の年”となるかも知れない。

この記事の写真(13枚)

+全表示

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー