昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「息子たちへ。ママを頼んだよ」……プリンセス号でコロナに感染した夫 妻が明かした“死を覚悟した日”

「ご主人に陽性反応が出ました。荷物を準備して下船してください。即入院です」

 ダイヤモンド・プリンセス号の一室で、医師は淡々と告げた。夫婦の楽しみだったクルーズ旅行は悪夢の船旅に変わったのである。

◆ ◆ ◆

50代の妻が明かした夫の「感染」

 3月1日、3711人の全乗員乗客の下船が完了したプリンセス号。「第2の震源地」と海外メディアで報じられた船内で、新型コロナウイルスの感染者は700人以上におよび、そのうち6人が亡くなった。

 プリンセス号で夫が感染した、50代の妻が明かす。

「当初は2月12日発の便を予約していました。ベトナムに行ったことがなかったので、急遽、1月20日発の便に変更したのです。それが運の尽きでした」

横浜港に停泊するプリンセス号

 製薬会社に勤務していた夫がリタイアした後、旅行が夫婦の楽しみだった。

 初めてのクルーズ旅行もプリンセス号だった。

「今回で4回目の乗船。船内で開催されるダンスなどのイベントが充実しているんです。夫は70代で私と年齢差がありますが、積極的に毎回、参加してくれていました」(同前)

 プリンセス号が横浜港に着いたのは2月3日のこと。その際、乗客に問診票が配られた。咳が出ていた妻は、該当の項目にチェックをして提出。夫には全く症状はなかった。

「嫁さんと間違えているんじゃない?」夫にまさかの陽性反応

 停泊から2日後の朝5時半、検疫官2人が夫婦の客室に入ってきた。感染が疑われた妻が対象だったが、念のため、夫にも検査が行なわれたのである。

 7日に出た検査結果は妻は陰性。しかし、夫が陽性だったのだ。

「夫は『嫁さんと間違えているんじゃない?』とケロッとしていました。本当に普段通りだったのです。リュックひとつだけ背負って下船し、そのまま都内の病院に入院しました」

 夫は、入院当初、ヨガマットを借りてストレッチをしたり、妻に「病院食がおいしかった」とメールを送ってきたという。

 ところが、2日後の9日、体調が急変する。