昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

コロナで緊急事態のフランス それでもエッフェル塔に行ってみたら……

スーパーの棚はもぬけの殻

source : 提携メディア

genre : ニュース, 医療, 社会, 政治, 国際, 映画, テレビ・ラジオ

エッフェル塔周辺 つかの間のにぎわい コロナで緊張感走るフランス 

 急速に新型コロナウイルスの感染が広まったフランスでは、いよいよマクロン大統領の声明により、託児所を含む全国の学校を一斉休校することになった。このまま休校が続けば、そのまま春休みに突入して、子供たちは1か月以上も学校を休むことになる。春休み中は別として、今回のコロナウイルス感染防止のための休校中は、今までの授業の復習をオンラインで受けることができるという。

100人以上の集会禁止

   学校閉鎖に続いて、スーパーなどの食料品店、薬局、銀行、ガソリンスタンド以外の全ての店舗や施設を閉鎖することになった。レストラン、美術館、映画館、カフェ、デパート、図書館、スポーツクラブなどは全て閉まり、100人以上の集会は禁止された。

 私がフランスに来てから、こんな事態は初めてのこと。さすがに緊急事態と緊張感が走るなか、日曜日(3月15日)に恐る恐る、閉鎖されたエッフェル塔の界隈の様子を見に行った。きっと閑散として、ひとっこ一人いないに違いない、そう思っていた。

塔周辺はごった返し 行き場なく?

 ところがだ。雨続きで久しぶりに晴れた日曜日、そこは人であふれていた(写真)。美術館やデパート、レストラン、カフェからも閉め出された観光客や、近所の子供連れの家族や犬もいつも通り、いや、それ以上に多かった気がする。ピクニックをする人で芝生はいっぱい、ダンスを踊っている女の子たち、筋トレ中の男子、フラフープに夢中の人もいる。

id=20200317-027-OYTEI50005,rev=7,headline=false,link=true,float=right,lineFeed=true

 エッフェル塔に近くなればなるほど観光客が増え、遠くなればなるほど地元の人たちの憩いの場であるシャン・ド・マルス公園は人でごった返していた。公園内にあるミニ遊園地は閉鎖されていたけれど、子供用に区切られている小さな公園は子供たちでいっぱいだった。ジャングルジムに群がる子供たち、滑り台や砂場で遊ぶ子供たちが歓声を上げている。フェンスで囲まれたバスケットボールのグラウンドも、いつもより人が多い(写真)。