昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

「3・11」を初めて語ったロッテ・佐々木朗希「たくさんのものを失って、気付いたこと」

2020/03/22

 東日本大震災から9年後の「3・11」を前に、千葉ロッテを取材する番記者たちはざわついていた。ドラ1ルーキーの佐々木朗希(18)がその日、記者の囲み取材に応じるという情報が事前に流れていたのだ。

 岩手県陸前高田市に生まれた佐々木は地震による津波で、父・功太さん(享年37)と祖父母を亡くし、自宅も流されている。だが、佐々木が自身の被災体験について語ることは、これまで一度もなかった。

 大船渡高時代は“令和の怪物”に殺到する報道陣に、学校側も厳しく取材を制限していた。だがそれ以前に、高校生に対して震災に関する質問はあまりにデリケートなため、記者たちは暗黙の了解で避けていたのだ。

当日はオープン戦前にベンチの前で黙祷も捧げた ©共同通信社

「3・11」の午前中、千葉ロッテはZOZOマリンスタジアムの掲示板に1枚の紙を貼りだした。

 そこには地震発生時、佐々木は当時通っていた陸前高田の小学校にいて津波を目の当たりにしたこと、震災後は老人ホームで避難所生活を余儀なくされたこと、小学4年生の時に母方の親族がいる大船渡市に引っ越した経緯などが書かれていた。番記者はこう語る。

「事前に佐々木を担当する広報との間で打ち合わせを行い、この日の取材対応も周到に準備されたものであることがうかがえました」

 予定された12時半より少し早めに始まった会見で、佐々木は初めて、秘めてきた震災への思いを明かした。