昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

これまでなかった“主人公は薬剤師” 漫画『アンサングシンデレラ』はどうやって生まれたのか

石原さとみが主演でドラマ化も

薬剤師が主人公の漫画「アンサングシンデレラ」 テレビドラマに

「もしかして 薬剤師って いらなくない?」

薬剤師が主人公の漫画「アンサングシンデレラ」 テレビドラマに

 「もしかして 薬剤師って いらなくない?」

 総合病院に勤める2年目の女性薬剤師の、そんなつぶやきで始まる漫画「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」(作・荒井ママレ)。アンサングとは、「褒めたたえられない」とか「名もなき」という意味で、医療を縁の下で支える存在ということらしい。「月刊コミックゼノン」(徳間書店)で2018年7月号から連載が始まり、これまで単行本3巻が出版されている(第4巻は4月20日発売予定)。4月からは石原さとみさん主演でテレビドラマにもなる。

 医療物の漫画やドラマが花盛りだが、医師や看護師が主役のことが多いなかで、薬剤師が主人公なのは異色。薬剤師ならではの薬の専門知識を織り込みつつ、現在の医療をめぐる課題を描いたリアルな内容で、筆者の知り合いの薬剤師らの間でも早くから評判となっていて、ドラマ化を熱望する声も高かった。漫画の医療原案を務める現役の病院薬剤師、富野浩充さんに、連載に込めた思いなどについて話を聞いた。

病院や診療所に約6万人

 厚生労働省の医師・歯科医師・薬剤師統計(2018年12月31日現在)によると、全国の届け出薬剤師数は31万人余り。勤務先別でみると、薬局が約18万人と6割近くを占める一方、病院や診療所に勤める薬剤師も約6万人と2割近くいる。

 患者が持つ薬剤師の一般的なイメージと言えば、外来で医師から出された処方箋を薬局に持っていくと、薬の説明をしたうえで渡してくれる医療職といった感じだろうか。医師や看護師に比べると、直接、患者に接する機会は限られ、特に病院で働く薬剤師というと、どんな仕事をしているのか、患者にとってはよくわからないことも多い。

 「アンサングシンデレラ」は、若手薬剤師のみどりが、薬の専門家として、またチーム医療の一員として、患者に寄り添いながら薬剤師の存在意義について自身に問いかけつつ、成長していく物語だ。たとえば、医師の処方に対して疑問がある場合に問い合わせる疑義照会は、薬剤師の基本的な仕事のひとつだが、組織や人間関係のなかでは一筋縄ではいかないことも。この作品では、具体的な薬の特徴や副作用、飲み合わせなどが物語の鍵を握るほか、現在の日本の医療が抱える課題も背景に描かれる。