昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

妊活にもコロナウイルスが影響「今は不妊治療しない方がいいのか」

妊活にもコロナウイルスが影響 「今は不妊治療しない方がいいのか」

 2020年3月。世間は連日連夜、新型コロナウイルス肺炎関連のニュースで持ちきりです。医療関連の話題はもちろんのこと、マスクや消毒液が足りないという流通や生産の問題、生活必需品の買い占めや転売問題、せきエチケットによるトラブルなど、枚挙にいとまがありません。突然の休校や集会等の自粛により、多かれ少なかれ予定の変更を余儀なくされ、ストレスを抱えている人も少なくないでしょう。

 社会全体がこうした状況下にあると、いわゆるマイノリティーと言われる人たちは、ますます声を上げづらくなってしまいます。私のもとにも、そうした声がいくつかが届きました。

在宅の同僚のフォローで通院が困難に

妊活にもコロナウイルスが影響 「今は不妊治療しない方がいいのか」

 例えば、在宅ワークになった同僚のフォローのため、不妊治療の通院が難しくなってしまったという方です。

 「社内で同じ部署の2人の方が、子どもの休校のためにテレワークに切り替えられたので、私はその分、会社に行かないわけにいかず、今回の治療に支障が出そう。これまでフォローしてもらったこともあるから、今回みたいな時には、こちらがフォローしないといけないと理屈ではわかっていても、こっちももう年齢もあるし、時間を無駄にしたくないからあせってしまう」

 確かに、小さなお子さんがいる家庭では、あまりにも急な休校宣言に戸惑いと困惑を抱えながらも、在宅勤務に切り替えたり、休んだりする親御さんは多いでしょう。これまで働き方改革として提唱されつつも、遅々として進まなかった「テレワーク」がこんなに早く広がりを見せるとは、想像できなかったことだと思います。それは「働き方改革」的には好ましい傾向であると思います。ただ、テレワークは、全員が同じように可能になるとも限りませんし、この方と同じような声はほかにもあります。

 「在宅勤務は誰もができるわけじゃないし。こういうときも子どもがいる人のほうが優先される。小さい子を放っておくことはできないから仕方ないんだけど。わかるけど。こんなことを考える自分も嫌になる。早く妊娠したい! 妊娠できない自分も嫌! それが一番嫌」