昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

テレワークと休校で高まる「妻のストレス」 在宅夫に問われることは?

source : 提携メディア

genre : ライフ, 医療

テレワークと休校で高まる「妻のストレス」…在宅夫に問われることは?

 新型コロナウイルスが猛威をふるっています。感染は中国を始め東アジアから全世界に広がりました。WHOは先日、パンデミック宣言をしました。感染予防のために日本の企業では、事務職を中心にテレワークが急速に広がりつつあります。家庭では、子供たちの休校も長期化しつつあります。新型コロナウイルスの問題は、中高年夫婦の生活にも大きな影響をもたらすでしょう。

いるだけでも鬱陶しいのに…

テレワークと休校で高まる「妻のストレス」…在宅夫に問われることは?

 まだ現役の夫婦の場合を考えてみましょう。テレワークで、夫が在宅勤務をすると、夫婦が一緒にいる時間が増えます。夫の上から目線や支配的な行動が妻の体調を悪化させると考えて、私は約10年前に「夫源病」を発表しました。夫が忙しく働いている現役の時は、夫婦がすれ違うので大きな問題は起こらないようです。しかし、夫が定年になると、夫婦が一緒にいる時間が増えますので、「夫源病」は定年後に表在化するのが通常です。

 しかし今、新型コロナウイルスの影響で夫が在宅勤務するようになり、ストレスを感じる妻が増えているようです。夫が在宅勤務しているだけでも 鬱陶(うっとう) しいのに、昼になると食事を要求してきます。また、仕事の合間に「お茶」「コーヒー」などと呼びつけられたりするでしょう。テレワークや在宅勤務で難しいのは、自己管理能力と言われています。出社している時と同様な生活リズムを守り、なるべく妻に頼らないことが在宅勤務のコツだと思います。

長期間、夫婦二人で過ごさない

 では、定年世代への新型コロナウイルスの影響は何でしょうか? もちろん、感染した時は重症化リスクが高いので、十分に気を付ける必要があるでしょう。特に都心部では感染のリスクが高まります。お金に余裕がある方は、この際に地方の旅館やホテルに長期滞在してみてはどうでしょう。長期滞在を条件にすれば、値引きをしてくれるかもしれません。ただ、長時間、夫婦二人で過ごすと、お互いストレスを感じる可能性がありますので、朝食が終われば別行動をしたほうがよいのかもしれません。

今が「祖父母の出番」かも

 孫のいる方は、息子や娘たちの子育てを応援するのはどうでしょうか? 長引く休校で息子や娘世代が、子供のケアでかなり大変なことになっていると思います。若い世代では母親の負担が増えすぎて、やはり夫婦間に亀裂が生まれつつあります。このような時には祖父母が非常に役に立つと思います。

 祖父母が孫を預かることによって、息子や娘たちの夫婦関係が悪化するのを防ぐことができます。そのためにも、祖父自身が生活自立をしておくことが大事です。現在のところ、新型コロナウイルスは若者の感染も多く、高齢者や合併症のある方は死亡率が高いと言われています。祖父母が孫の世話をするのは、少しリスクがあるかもしれませんから、自分の免疫力が頼りです。免疫力を高めるためには、生きがいや楽しみを見つけることです。孫の世話で疲れ果てるというよりは、そこに生きがいを見いだせば、ウイルス対策になるのではないでしょうか?(石蔵文信 大阪大学招へい教授)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー