昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

今月の豪華主義Vol.9 のどぐろ丼で満腹、満足!

文藝春秋が美味しいものを見つけてきました!

2020/04/02

PR

小さな大物だ
「とろけるのどぐろ丼」

山口県近海で漁獲されるのどぐろは超高級品。漁の際に混じる小さなのどぐろも実はとても美味しい。この赤い宝石を丁寧に処理して醤油ベースの特製ダレに漬け込んだのが本品。炊きたてご飯の上に身肉を並べてタレを回しかける。ネギとゴマを添えて熱いご飯とともに口に入れれば、タレの酸味で締まった身は旨みと脂が凝縮されて、それが渾然一体となり、のどぐろの底力をあらためて実感する。夢中で掻き込んで、空の器を前に一息つけば「あー、幸せ」と呟いてしまうのだった。

購入はこちら

商品番号:B0094
3,240円(本体価格3,000円) 送料 1,100円
●内容:50g×10食 ●配送:冷凍 ●賞味期間:冷凍で1年 ●特定原材料:小麦


未体験の味わい
「牛とろフレーク」

北海道・十勝の「ボーンフリーファーム」が心血を注いで育てた牛。その牛肉を生ハムと同じ非加熱処理で冷凍フレークにしたのがこの「牛とろフレーク」だ。炊き立てごはんに、凍ったフレークをさらさらと振りかける。肉の一粒一粒がごはんの上でたちまち鮮やかな艶を帯びた紅色に。パクリと口にしたとたん、今まで味わったことのない旨さに驚愕する。牛肉の滑らかな味わいが食欲中枢を揺さぶる。そうか、これはもう生の牛丼なのだ。新鮮な驚きと美味しさにボーっとしてしまった。

購入はこちら

商品番号:B0069
5,400円(本体価格5,000円) 送料 1,100円
●内容:牛とろフレーク180g×2個、牛とろ丼のたれ20g×5袋入×2袋 ●配送:冷凍 ●賞味期間:冷凍で30日 ●特定原材料:小麦


美しくかつ旨い
「銀座割烹里仙てまり寿司」

食べるのが惜しくなるほど可愛い直径は3cmほどのてまり寿司だが、味わいはその姿以上。寿司飯は秋田産の米で特殊な方法で急速冷凍してあり、解凍してもふんわりしている。よくある解凍後のドリップもない。海老や煮穴子、サーモン、槍烏賊、錦糸玉子、合鴨など10種類の寿司だねが個性を発揮して食べ飽きず、ポンポンとつい口に運んでしまう。酢飯のバランスがまた絶妙で具材の旨さを引き立てて、ほんわかと幸せな余韻を残す。あっという間に胃袋に収まったのだった。

購入はこちら

商品番号:B0119
5,940円(本体価格5,500円) 送料 1,100円
●内容:(すし海老1、煮込み穴子1、炙り金目鯛1、生サーモン1、槍いか1、こはだ1、黒豆1、錦糸玉子1、合鴨スモーク1、生ハム1)×3パック ●配送:冷凍 ●賞味期間:冷凍で60日 ●特定原材料:卵・小麦・えび
※解凍方法は付属のパンフレットをご参照ください。


商品のお申し込み・お問い合わせはこちら
goukashugi.jp
運営会社/豪華主義通販事務局(株式会社クリーツ)

【個人情報の取り扱いについて】
お客様の個人情報は厳重に管理・保管し適切に取り扱います。お申し込みの際にお知らせ、ご記入いただいたお名前・ご住所などの個人情報は、お申込み商品の配達やお問い合わせの際のご連絡、商品、サービス等のご案内に利用し、ご本人の同意がない限り第三者への提供はいたしません。詳細はhttps://goukashugi.jpをご参照ください。

写真:志水隆(文藝春秋写真部)
フードスタイリング:中山暢子

出典元

森友自殺職員<赤木俊夫さん>妻「全告白」

2020年4月9日号

2020年4月2日 発売

定価440円(税込)