昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 提携メディア

genre : ビジネス, 働き方, 社会

「すべてメールが前提」の人がリモートワークで成果を出すための7つのポイント

自分の人間性が仕事相手に認められており、互いに良好な信頼関係を構築できていること。

「リモートワークだからこそ、チャットツールやビデオ会議ツールなどを用いて密な連絡を取ることが必要」という発想ではなく、「密な連絡を取らなくても相手のことを察したり、相手の期待に応えようという気持ちに自然となれたりする、信頼関係を築くことこそがリモートワーク成功のカギ」と、私は考えている。

外注先として、商流の末端に位置する場合

私のようなフリーランスが制作系の案件に関わる際、打ち合わせをしたり、相談をしたりするのはクライアント企業の本社にいる正社員なのだが、日々の業務を回していくにあたっては、クライアント企業の子会社や外注先である制作会社のスタッフと頻繁にやり取りするケースが非常に多い。

たとえば、広告代理店が手がける某社のPR企画でウェブコンテンツを制作することになり、案件の企画立案や全体の方向性に関わるのは広告代理店の正社員だが、実際のコンテンツ制作は子会社が担当し、日々の更新業務で窓口に立つのは子会社の契約社員……みたいな構造である。ときにはその配下に、記事の校正を担当するフリーランスであるとか、子会社が発注している地方の孫請け制作会社などが存在することもある。

そうした場合、私の立場はどのようなものになるか整理してみよう。

クライアント企業の正社員 > その子会社の正社員 > 同子会社の契約社員 > 地方の制作会社の社員 > 私

まあ実際は、クライアント企業の正社員と私はそれまでに何度も仕事を一緒にしていたり、飲みに行くような間柄だったりするケースも少なくないので、プロジェクト内で存在感や影響力をそこそこ発揮できる場面も多いが、商流としては建前上、末端に位置する。

一度も会ったことがない相手との仕事

コンテンツ制作の多重下請け構造は今に始まった話ではないし、その是非を問いたいわけでもないのだが、どうしても関わる人が多くなるのは事実だ。クライアント企業の正社員、子会社の正社員とは会議で定期的に顔を合わせるが、子会社の契約社員はプロジェクト立ち上げ時に一度会っただけ、孫請け制作会社のスタッフや他のフリーランスに至っては会ったこともない、という事態は往々にして起こる。