昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 提携メディア

genre : ビジネス, 働き方, 社会

「すべてメールが前提」の人がリモートワークで成果を出すための7つのポイント

そうなると互いに何者かわからないため、メールのやり取りにしてもまったく心が通わないものになる。たとえば、私が原稿を送り、相手が最終確認をしてネットに公開する、という業務フローだとしよう。相手が私のミスを見つけたり、私に寄せられた相手からのオーダーがあまりにも的外れだったりすると、互いに「何こいつ、バカじゃねーの、チッ」と思い合っている状況に陥る可能性が高くなる。相手からメールが届くだけで「どうせまた、ろくな連絡じゃないんだろ……」と思うようになり、仕事に楽しさが見いだせず、凡庸なアウトプットしか生み出せなくなる。

相手を思いやる気持ちが仕事の質を変える

一方、過去に直接会ったことがあり、互いに顔も知っていたとしよう。それだけで、相手に対して抱く感情は変わってくる。さらにもう一歩進んで、互いの趣味嗜好や生活状況を知っていたなら、相手のことを慮る気持ちすら湧いてくるものだ。たとえば、シングルマザーで元夫が子どもの養育費を送ってくれず生活が大変であるとか、闘病生活から復帰したばかりでまだ仕事の感覚が戻っていないとか、釣りが趣味で次の週末は友人とアウトドアで過ごす約束をしているとか、一見気難しそうに見えるが実は愛猫家で気の優しい人物であるとか、親の介護をしながら仕事をしており定時に必ず退社しなければならないとか、相手の素顔をほんの少しでも知っていたら、人間関係にも深みが生まれてくる。

相手を思いやる気持ちは、確実に仕事の質を変える。当然、メールのコミュニケーションも変わり、「修正に関するオーダーを送りました。ご対応ください」「オーダー通りに対応しました。ご確認ください」的な定型文だけの無味乾燥なやり取りにはならない。よりよいアウトプットにつなげるにはどうすべきかを考えるようになり、相手の業務が進めやすいように配慮する姿勢が自然と持てるようになる。その結果、前向きなメールのやり取りができるようになれば、リモートワークのやりやすさは格段に向上する。