昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

オーナー1人ひとりの想いを実現……三井ホームが「土地活用のパートナー」に選ばれる理由

“愛着のある土地を愛される場所にする”プロフェッショナルたち

PR

地域の人々に喜ばれ、安定的な賃料も確保できる活用法

 例えば、『ドクターズレントハウス®』は、所有している土地に医院を建築し、医師に賃貸する土地活用の手段だ。社会的な信用力の高いドクターと長期の賃貸契約を結び、安定的な賃料の確保が期待できるうえ、地域医療にも貢献できることから、地域の人々に喜ばれる土地活用といえよう。

地方銀行の支店跡地に建てられた眼科クリニック。収益性と地域貢献を兼ね備えた土地活用の手段といえる
地方銀行の支店跡地に建てられた眼科クリニック。収益性と地域貢献を兼ね備えた土地活用の手段といえる

 その土地が医院用地に適しているかどうかについて三井ホームがコンサルティングしてくれるので心配ない。医院用地に適していれば、開業を希望するドクターも紹介してくれるという。

福祉・介護施設、保育施設で地域貢献

 こうした収益性と地域貢献を兼ね備えた土地活用の手段として、福祉・介護施設や保育施設、商業施設という選択肢もある。福祉・介護施設にとって大切なのは、入所者や利用者が、自宅に居るような安堵感を持って過ごせる雰囲気づくりだ。その点、三井ホームの福祉・介護施設は木造建築であり、木の持つ風合いや温もりが居心地の良さを醸し出してくれる。

高耐火・高耐震性能も備えた福祉・介護施設。木の持つ風合いや温もりが居心地の良さを醸し出している
高耐火・高耐震性能も備えた福祉・介護施設。木の持つ風合いや温もりが居心地の良さを醸し出している

 保育施設の場合も、自然のぬくもりとやすらぎに包まれる木造の校舎や園舎は、子どもたちの情操を豊かにするとオーナーや利用者から好評だ。

 こうした木造の施設の場合でも『デザインメゾン』同様、プレミアム・モノコック構法による圧倒的な耐久性・耐震性が担保されていることはいうまでもない。

自然素材である木造建築によって明るく“おうちのような安心感”を実現した保育所
自然素材である木造建築によって明るく“おうちのような安心感”を実現した保育所

三井不動産グループが一丸となってサポート

 土地活用は事業であり、当然のことながらリスクもある。リスクを低減させるために最も重要なのはパートナー選びといっても過言ではない。経営体質が強固で、市場調査の能力に優れ、豊富な実績を持つ会社を選ぶことで、事業として安定した収益を見込むことができる。

 三井ホームは、三井不動産グループとして、土地の特長を踏まえた最適な活用プランを提案するコンサルティング力に一日の長がある。さらに物件の運営や管理などもグループが一丸となってサポートしてくれるので、土地活用の経験を持たないオーナーであっても安心だ。

 とはいえ、いくら三井ホームの提案力が優れ、幅広い物件のラインアップを持ち、安心のサポート体制や豊富な実績があったとしても、最終的には「担当者がどのような人物で信頼できるかどうか」がオーナーにとっては最も気になる点かもしれない。

 本企画では、土地活用のプロフェッショナルである三井ホームの営業担当者にインタビューし、実際に携わった事例やこだわった点、三井ホームの強み、オーナーと信頼関係を築くために心掛けていることなどについて話を聞く。なぜ三井ホームが多くの土地オーナーからパートナーとして選ばれているのか、その理由がわかるはずだ。

※第1回インタビューは5月下旬公開予定です。

INFORMATION

お問い合わせ

三井ホーム株式会社
0120-06-2331
9:00~18:00  定休日/水曜・日曜・祝日(一部エリアは土曜・日曜・祝日)

賃貸住宅・土地活用
https://www.mitsuihome.co.jp/property/

クリニックや保育園などの施設建設
https://www.mitsuihome.co.jp/withwood/

■土地活用が詳しくわかる資料請求はこちらから