昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

オーナー1人ひとりの想いを実現……三井ホームが「土地活用のパートナー」に選ばれる理由

“愛着のある土地を愛される場所にする”プロフェッショナルたち

PR

「遊休土地があるので将来を見据えて有効活用したい」「相続で先祖代々の土地を譲り受けた」「老朽化した自宅を賃貸併用住宅に建て替えたい」など、土地活用を検討する理由は人それぞれ。目的や場所、土地の広さ、周辺環境なども千差万別だ。そんなひとつとして同じケースのない土地活用の分野で、多くの土地オーナーから「土地活用のパートナー」として選ばれ続けている会社が建築会社が三井ホームだ。

 三井ホームでは、オーナー1人ひとりの想いや目的に沿った土地活用の提案をする。収益性はもちろん、美しい街並みづくりに貢献し、歳月とともに価値が高まる物件を建てる点も多くのオーナーから支持される理由といえよう。

都内の高級住宅地に位置する築50年の物件が、三井ホームの手によって地域に溶け込む高級デザインの賃貸住宅に生まれ変わった
都内の高級住宅地に位置する築50年の物件が、三井ホームの手によって地域に溶け込む高級デザインの賃貸住宅に生まれ変わった

多くの入居者から選ばれ続ける『デザインメゾン』とは?

 土地活用の代表的な選択肢といえば、賃貸住宅だ。賃貸住宅に付きものの空室リスクや家賃の下落リスクを避けるためには、物件そのものの性能を高め、同じ入居者に長く暮らしてもらうことが肝心だ。特に断熱性や耐震性、遮音性は住んでみて初めて実感できるもの。実家やこれまでの住まいと比べて劣っていれば、退去されてしまうことにもなりかねない。

 三井ホームの賃貸住宅『デザインメゾン』ならそんな心配も無用。木造住宅ならではの心地よさやぬくもりを実現しつつ、断熱性や耐震性に優れた物件として、多くの入居者から選ばれ続けている。同社が独自に開発したプレミアム・モノコック構法により、木造建築でありながら鉄骨造りの住宅と同等か場合によってはそれを上回る耐久性と耐震性を確保した。

 遮音性が高いのも『デザインメゾン』の特徴だ。独自の床仕様『Mute(ミュート)50』を使用し、床衝撃音を一般的な鉄骨住宅と比較して約3分の1に軽減する床遮音性能を実現した。これにより入居者の上下階の騒音ストレスを大幅に軽減する。

 さらに賃貸住宅としての資産価値を長期的に維持するため、歳月とともに価値を高める「経年優化」を目指して設計を工夫している点も三井ホームならではといえよう。

高級住宅地に構えた築30年超の二世帯住宅を、自宅賃貸併用住宅へ。落ち着いた佇まいが周囲の美しい街並みになる
高級住宅地に構えた築30年超の二世帯住宅を、自宅賃貸併用住宅へ。落ち着いた佇まいが周囲の美しい街並みになる

愛着のある場所でより快適に暮らす

 自宅を自宅併用型賃貸住宅に建て替えることで、愛着のある場所を離れずに暮らしを一新させる土地活用の提案にも、三井ホームは強みを持つ。建て替えの資金はローンを利用するものの、家賃収入を返済に充てれば貯えを手元に残すことができる。防災や耐震の性能も高まるため、愛着のある場所でより快適に暮らすための土地活用といえそうだ。次世代には収益を生む建物を残せるので、相続対策を見据えた土地活用としても有力な選択肢になるだろう。

旧宅の思い出を継承し、生まれ変わった現代的デザインの自宅賃貸併用住宅&メゾネット
旧宅の思い出を継承し、生まれ変わった現代的デザインの自宅賃貸併用住宅&メゾネット

 土地活用の最適解は、その土地の特性によって異なる。三井ホームは、賃貸住宅以外にも、地域が抱える課題解決に役立つ土地活用の提案を得意とする。

 

■土地活用が詳しくわかる資料請求はこちらから