昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

「無事に軽めのコロナ治ったぞ」で逮捕……アイドルのライブを妨害した30歳男の「過激ツイート」

〈コロナの疑いと医者に言われた〉

 新型コロナウイルスに感染したとツイッター上で嘘をつき、参加したイベントを妨害したとして、警視庁渋谷署は3月16日、偽計業務妨害の疑いで東京都江戸川区の会社員、辻山孝太容疑者(30)を逮捕した。

 警視庁担当記者の話。

「現場は東京都渋谷区の道玄坂で開かれた『S-FES』という、地下アイドル20組超が一堂に会するライブ会場です。自粛要請が広く行き渡っているなかでも、150~200人が集まっていた。その場で新型コロナへの感染を匂わすツイッター投稿を辻山がしているのに気付いた別のファンが『本人がいる』と主催者側に通報。確認に来たスタッフに対し、辻山は『嘘でした』と釈明したものの、もう後の祭り。イベントが一時中断しただけでなく、グッズ販売も中止を余儀なくされました」

※写真はイメージ ©iStock.com

 このご時世でイベントを決行するのは、それだけ収入の見通しが厳しいということでもある。グッズ販売の中止は懐が寂しい地下アイドルたちにとって、さらに痛手となっただろう。

〈コロナから復帰しました。ファンの皆さん、きょうはお願いします! 行きマウス〉。逮捕容疑となったのはこんな投稿だが、辻山は念を押すかのように参加予定のアイドルにも、ツイッターのメッセージで〈無事に軽めのコロナ治ったぞ〉などと送っていた。

 それだけではない。辻山は逮捕容疑となった以外にもツイッターのアカウントを持ち、さらに過激な投稿をしていたのだ。