昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

高知東生「“俳優復帰です”とは宣言しない」 突然の逮捕から4年目に語る“後悔と反省”

高知東生さんインタビュー #1

source : 提携メディア

genre : ライフ, 医療

高知東生氏 4年目の覚悟と決意(上) クスリの口実になる、ストレスを探していた

高知東生氏インタビュー(上) クスリの口実になる、ストレスを探していた

 イケメンのバイプレーヤーとして、映画やテレビで大活躍をしながら、2016年、覚醒剤取締法違反、大麻取締法違反容疑で逮捕された。後悔、反省、そして 贖罪(しょくざい) への思いは本物なのか? 2時間半に及んだロングインタビューですべてを話す。

芸能界への罪は、これから背負っていかなくてはいけない

――4年前に覚醒剤取締法違反、それに大麻取締法違反(いずれも所持)で逮捕されました。懲役2年の有罪判決を受け、現在は執行猶予中(4年)です。今回、俳優としては約5年ぶりに、3月31日公開の動画サイトのドラマに出演しました。

 今回、話をいただいたのは、どちらも依存症啓発のドラマです。自分自身が薬物依存から立ち直り、生き直したいと思っているので、ありがたいお話だと思いました。

――芸能界、俳優の世界に復帰すると理解していいのですか? おそらく、「早すぎる」などの厳しい批判も出てくると思います。

 自分の口から「役者に復帰する」などと言うつもりはありません。

 芸能界に対しては、本当に深く責任を感じています。自分がやったことで、同じ世界でがんばっていた同業者や関係者などが、「やっぱり芸能界は……」と見られてしまうようになりました。もちろん、芸能界でもほとんどの人は、自分で夢を追い、(薬物などとは無縁で)がんばっています。

 この責任は背負っていかなくちゃいけない。

 ただ、僕自身は25年近く芸能界でやらせてもらった、ある種の職人です。今現在の、そしてこれからの生き方を見ていただいて、「必要だ」とされる場所があるのならやらせていただきたい。そんな気持ちです。

id=20200326-027-OYTEI50002,rev=2,headline=false,link=true,float=center,lineFeed=true

「介護のための引退」とは言ったことはない

――表立って、「俳優復帰です」とは宣言しない、と。ただ、当時の報道を見ると、逮捕されたのは「妻の父親の介護」を理由に、芸能界引退を宣言した後だったようですが。

 言い訳がましく聞こえるかもしれませんが、当時、「親の介護のために引退」とは一言も言っていなかったんです。美容・健康産業でのビジネスをスタートさせることが、役者を休業した最大の理由でした。