昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

TOKIO長瀬が探る「俳優事務所」、嵐とコロナの「番狂わせ」、錦戸・赤西「テレビとの遠い距離」

続出する「辞めジャニ」の行く末は?

2020/03/27

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能, テレビ・ラジオ

「中居さんに、『もしかしたらこれから辞める後輩たちが所属したがるんじゃないですか?』と訊いたら、『そーんな甲斐性、オレないよ。ひとりだってどうなるか全然わからないのに!』って笑って即答だったそうです。中居さんは、ああ見えて結構堅実なタイプ。独立してみて体制が整うまでは、他人を預かるなんて考えられないってことなんでしょう」

3月末でジャニーズを退所する中居正広 ©文藝春秋

 そう話すのは、民放テレビ局スタッフ。カウントダウン状態の、中居正広(47)のジャニーズ事務所退所。4月からは個人事務所「のんびりな会」が始動する。

 そしてこれから、中居を手本にしてさらなる「ジャニーズ退所」が続くのではないかと見られている。

独立しても中居の“冠番組”は継続

 昨年7月9日、ジャニーズ事務所の創業者であるジャニー喜多川氏が亡くなった。名プロデューサーでもあり、ジャニタレたちの親代わりでもあった存在がこの世を去ったことで、事務所の求心力は弱まっているのだ。

 しかし、中居がここ数年来ジャニーズを退所するいわゆる「辞めジャニ」タレントのなかでは群を抜いた存在であることは明らかだ。

「ザ!世界仰天ニュース」、「新・日本男児と中居」(ともに日本テレビ系)、「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」、「中居くん決めて!」(ともにTBS系)、「中居正広のニュースな会」(テレビ朝日系)と“冠番組”を各局に持つ中居。

「打ち切りが噂された『中居くん決めて!』は、結局同じスタッフで曜日・時間帯・番組名を変更することになり、TBSで二番組持つということについては変わらない。芸能界では大手事務所から独立すると“干される”という悪しき風習がありますが、それが一切ないのは中居正広の“手腕”によるところが大きい」(芸能デスク)