昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/03/27

source : 週刊文春 2015年10月29日号

genre : エンタメ, 芸能, ライフスタイル, テレビ・ラジオ

ママになって同性からの評価が一転した「ゆうこりん」

 ママタレにとって、料理の腕前は最重要の評価ポイント。大差を付けられながらも2位に入った“あの星”の人も、意外な料理上手を認められたようだ。

「昔は『こりん星』とか『りんごももか姫』とか言ってたので嫌いだったけれど、ママになって落ち着いた。料理もできるし可愛いし、今は好きなママタレです」(30・未婚女性)

 と評価されたのは、究極のぶりっ子キャラだった「ゆうこりん」こと、小倉優子(31)。ママになり、同性からの評価は一転した。

現在は離婚騒動に揺れる小倉優子 ©共同通信社

「ごはんがいつも美味しそうだし、お子さんの教育もしっかりされてそうだから」(29・既婚女性)

 こんな“真っ当ぶり”を評価する声もある。

「子供をダシにメディアに出ず、仕事が抑え気味なところがいいです」(36・未婚男性)

 ゆうこりん本人に2位と伝えると、こんな反応が。

「私が? 信じられません。でもやっぱり嬉しいです。有難うございます!

 息子を出産してから、育児と仕事のバランスにずっと悩みました。いま一番大事なのは育児なので、納得できる育児ができるように仕事を調整してもらいました。今は週に1回の長くない仕事だけにしてもらい、今しかない息子との時間を楽しんでいます」

 うーん、あのゆうこりんとは思えないしっかりママのコメント。

 非常識だったあの娘がこんな一人前のお母さんになって……と親戚気分を味わえるのも、ママタレの醍醐味か。次に紹介する3人はまさにその感慨を持たせるママたち。

同世代に支持される人気ブロガーたち

 3位の木下優樹菜(27)は、

「この娘が母親になったら……と思ったんですが、何度か子育ての様子をテレビで拝見し、かなりしっかりしている意外性にびっくりし、ものすごく感心しました」(48・既婚男性)

タピオカ騒動で活動休止中の木下優樹菜。写真は2015年の頃 ©時事通信社

 5位の元モーニング娘。辻希美(28)には、

「いろいろ叩かれることも多いけど、なんだかんだ言って、子供を3人産んで、子育てして、仕事もしてしっかり稼いで、よっぽど社会貢献してると思う」(26・未婚女性)

 9位のギャル曽根(29)は大食いだけでなく、料理も評価が高い。

「調理師免許を持っているので、子供にきちんとバランスの良い食事を作っている」(42・既婚女性)