昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「志らく狂ってたね!」志らく妻が不倫相手に送った“すごいLINE”の中身

「朝の生番組で志らくさんを見て、『あっ、またやったんだ』、『志らくさんは未だに奥さんの管理ができていないのか』と怒りが再燃しました」

 こう憤るのは、都内で芸能事務所を営むA社長だ。

◆◆◆

「週刊文春」3月5日発売号で報じた立川志らく(56)の妻・酒井莉加(38)と志らくの弟子との不倫。発売当日の朝、志らくが「グッとラック!」(TBS系)の冒頭で「私は妻のことを信じております」と語った。

 その言葉を聞き、A社長は当時20代後半だった俳優Bを思い出したという。

「5年以上前になりますが、志らくさんはBにチャンスをくださって、主宰する『下町ダニーローズ』の舞台に出していただくことになったのです」(同前)

 ところが、その稽古期間中、Bは同じ舞台に出ていた酒井と不貞行為に及んでしまったという。

「それを知って、とにかく志らくさんにお詫びしなければと思い、すぐに私の部下を志らくさんのご自宅へ行かせました」(同前)

19人の弟子を抱える立川志らく

 事務所スタッフは志らくの自宅を訪れ、まず最初に土下座した。しかし、怒り心頭だった志らくはこう言い放ったのである。

「お宅の会社の方針として、こういうことがあったとき、クビにしないのか」

「自粛させないのか」

 事務所スタッフは1時間ほど平身低頭で謝罪。何とかその場は収めたが、その日以降も話し合いが続いた。

「Bは売り出し中で大切に育てていたので、クビだけは受け入れられなかった。志らくさんとの話し合いの結果、Bの活動を当面自粛させることになりました。もちろん、私はBを叱りました」(前出・A社長)

 後日、A社長はBから詳しく話を聞いた。すると、Bは酒井から執拗に言い寄られたり、「私の立場がわかっているのか」と脅されていたと打ち明けたという。

「B本人は自分の過ちを認めて反省しつつ、『できれば関係を持ちたくなかった』と話していました」(同前)

 その当時の2人の関係を物語るLINEのやりとりを「週刊文春」は入手した。