昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

【オスカー退社】米倉涼子に嫌われた創業者の娘婿が”マイクぶんどり事件”「オレには妻という”切り札”がある」

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能

 3月24日(火)、大手芸能プロダクション「オスカープロモーション」の公式サイトで、米倉涼子(44)の退社が公表され、芸能界に激震が走った。後日、同社公式サイトでは米倉本人のコメントが掲載された。

《私、米倉涼子は1992年より、27年間お世話になりましたオスカープロモーションとの所属契約を、2020年3月31日をもって終了することをご報告いたします。右も左もわからない新人の頃から私を育てていただき、お仕事の機会を与えて下さり、ご指導を頂いたことに深く感謝いたしております》(公式サイトより)

オスカーを退社する米倉涼子 ©時事通信社

古賀社長は「スポニチに訂正文を書かせろ!」

 24日20時過ぎにはマスコミ各社へFAXで退社が報告された。実は、この突然すぎる発表のウラには同社社長・古賀誠一氏(80)の”独断専行”があった。

「じつは『女性セブン』などが”米倉退社”について取材を進め、オスカーに対して事実確認を求めていたところだった。その問い合わせには『今、話し合っている最中です』と回答していたにも拘わらず、自社HPでドーンと発表に踏み切った。マスコミ側としてはメンツ丸つぶれです。翌日、25日にはスポニチが自社サイトで『米倉涼子、アルゼンチン人ダンサーと再婚へ オスカー退社、反対押し切り決断』と打ちましたが、この報道にも古賀社長は『事実と全然違う!』と大激怒。『スポニチに訂正文を書かせろ!』と怒り心頭で、周囲も頭を抱えていたそうです」(事務所関係者)

会長に就任する古賀誠一氏 ©時事通信社

米倉涼子は新社長と娘婿が大嫌い

 そして3月26日、オスカーが創立50周年を迎えた日に、経営陣の新体制が発表された。古賀社長は会長に、副社長の石川薫氏が新社長に就任するのだ。

「実は、米倉さんがオスカーを退社するのは、この社長交代がきっかけなのです。古賀社長は自社サイトの『ご報告』で、あくまで円満退社を主張していますが、米倉さんは、ゴマすり体質の石川新社長がそもそも嫌い。そして今後経営の実権を握り、ワンポイントの石川新社長の次に社長に就任すると目されている古賀社長の“娘婿”が大嫌いなんです」(広告代理店関係者)