昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能

社員を前に「役員全員の決定があったからです!」

「毎年、『今年もお疲れ様でした』と1年を締めくくる納会が社内で行われるのですが、昨年末の納会では、石川さんがマイクを持ち、乾杯の挨拶をしていました。社員たちを前に、石川さんが『堀さんと幸子さんの2人が一生懸命頑張ってくれたおかげで……』と、例によってゴマすりスピーチをしていたんです。そうしたら突然、堀氏がマイクを横取りして、割って入った。

 何を言い出すのかと思ったら、『全て私たちだけで決めているのではありません。役員全員の決定があったからです!』などと発言をしたのです。自分たちだけが会社を支配しているわけじゃない、と強調したかったのでしょう。しかし、石川氏は古賀社長に次ぐ会社のナンバー2の副社長です。格下である専務の堀氏が遮って発言するという有り得ない行動に、社員らはドン引きだったようです」(同前)

 毎年、納会にはタレントが参加するのが当たり前だった。

米倉涼子オスカー退所で「ドクターX」はどうなる? ©時事通信社

今年の納会はタレント不参加

「この2019年末の納会にはタレントが1人も参加していません。タレントが参加しないのは、ここ20年ほどでは初めてのことですね。本来はタレントが普段話すことがないような裏方のスタッフとも会話を交わす、和気藹々とした会なのです。『じゃあ、次こんな仕事あったらお願いするね』などと、仕事に繋がることも多い。特に給料制のタレントは必ず参加していました。給料制は仕事が少ない人も多く、この会をきっかけに社内で知ってもらうという自由闊達な雰囲気がありました。

 しかし、2019年末は誰1人として参加しなかった。これは古賀社長が決めたことのようですが、会社の雰囲気が淀んでいるのを察せられたくなかったのかも知れません。また、挨拶も普段なら『今年もオスカーが1番でした』というような、創業社長ならではの自信満々な挨拶があるのですが、昨年はそれがなかった。それを含め、タレントには見せられない会になってしまった」(同前)

 こんな内情のオスカーだが、実権を握る”娘婿”の堀氏に動揺は見られないという。その自信の源泉はどこにあるのか。以前から周囲には”ある言葉”を漏らしていた。

「自分の入社同期などには『オレには幸子という”切り札”がある』と憚ること無く話しているそうです。自身の妻であり、古賀社長の長女・幸子氏がいる限り、自分は安泰だと言いたいのでしょう。米倉さんというオスカーの大黒柱が抜けてしまうのにもかかわらず、社員に対しての不遜な振る舞いも変わる様子はありません」(前出・芸能プロ関係者)

オスカー所属の上戸彩 ©文藝春秋

 今後も“タレント流出”は続くだろうとみられている。