昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

冤罪被害者・青木惠子さん56歳 無罪を信じてくれなかった両親を、なぜ娘は許したか

父はなぜ無罪を信じられなかったのか #1

2020/04/02

「正直にやったらやったと言え」。拘置所に面会に来た父は、自分よりも警察を信じていた。隣にいる母は黙っている。長い断絶がまもなく始まった--。

「週刊文春」3月26日号で、森友事件で自殺に追い込まれた財務省職員の遺書をスクープした相澤冬樹氏。その相澤氏が、NHK在職時より長年にわたって取材してきたのが「東住吉冤罪事件」だ。

 小学6年生の娘を保険金目当てで焼き殺したとして、大阪市東住吉区の青木惠子さんが内縁の夫とともに逮捕されたのは1995年。それから20年、メディアで「鬼母」と呼ばれた彼女は、2015年に刑務所を出所、翌16年には無罪が確定した。

 しかし、かわいい盛りだった8歳の息子は見知らぬ大人の男に。元気一杯だった両親は80歳を過ぎて介護が必要に。そして自分は、30代から50代になっていた。

「まるでタイムスリップしたよう」と語る彼女の人生を通して「冤罪」の真実に迫る、「週刊文春WOMAN」の人気連載「青木惠子さん56歳の世にも数奇な物語」。今回は「週刊文春WOMAN」2020春号より第4回を転載する。

(前後編の前編/後編を読む

 ◆ ◆ ◆

知らせに来たのは顔見知りの刑事

 夫婦二人で暮らす家に顔見知りの刑事がやってきた。

「お孫さんが亡くなった火事、あれは実は娘さんが火を付けて殺したんです」

 ええ~っ、保険金目当てに自宅に放火して自分の娘を殺した!? そんな……驚愕の醒めぬうちに刑事は続けた。

「明日娘さん夫婦を逮捕します」

 これは25年前、大阪市に住む寺西平造さん(当時65歳)の身に実際に起きたこと。逮捕された娘とは青木惠子さん(当時31歳)。東住吉事件として世に名高い冤罪の当事者だ。

青木惠子さんの実父・寺西平造さん(筆者提供)

 1995年(平成7年)大阪市東住吉区の青木惠子さん宅から火が出て全焼。娘のめぐみさん(当時11歳)が亡くなった。警察は惠子さんと内縁の夫Bさんによる保険金目当ての放火殺人として二人を逮捕。二人は無実を訴えたが無期懲役の判決で服役。だが弁護団の粘り強い調査で再審=裁判のやり直しが決定。2015年、20年ぶりに釈放、後に無罪となった事件である。

串カツ屋で聞いた90歳実父の思い

 20年の時を経て娘が釈放された時は86歳。そして今や90歳だ。さすがに一人暮らしは心配だからと、大阪市内の高齢者向け住宅で暮らしている。持病はあるが足腰は比較的しっかりしている。認知症の症状もほとんどない。昼食は近くの商店街で自分で買ってくるし、洗濯も自分でしている。

 娘の逮捕、有罪、そして再審での無罪。平造さんはどう受けとめてきたのか? 私は平造さんと娘の惠子さんを近くの串カツ屋に誘い、話を聞くことにした。

『週刊文春WOMAN』2020春号

 酒好きだったという平造さん。最初に頼んだ日本酒の熱燗1合をすぐに飲み干し、ビール、酎ハイと頼んでいく。呑み助は今も健在だ。話も進む。

「この辺にはワシが建てた家がなんぼもあるんや」

 そう語る平造さんは腕の立つ大工だったという。仕事が丁寧と評判で得意先が多く、工務店の経営は順調だった。

 おかげで暮らしにはゆとりがあったが、娘の惠子さんは父親の平造さんと折り合いが良くなかった。高校生の時から「卒業したら家を出よう」と密かに決め、アルバイトで資金を貯めていた。実際に高校卒業後、「家を出たい」と告げると平造さんは「勝手にせえ」と返したという。