昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

自粛要請の最中、馬場維新幹事長が10人以上で「力士食事会」を主催

 日本維新の会幹事長の馬場伸幸衆院議員(55)が、友綱部屋の関係者10人以上が参加する食事会を大阪場所初日の3月8日と千秋楽22日の2回にわたって主催していたことがわかった。友綱部屋は元関脇の旭天鵬が継承し、馬場氏は同部屋の大阪後援会長を務めている。

日本維新の会・幹事長の馬場伸幸衆院議員 ©文藝春秋

 大阪場所は、新型コロナウイルスの影響で、史上初の無観客開催となっていた。また、相撲協会は優勝パレードを中止し、各部屋に対して、起床時と就寝時の検温を義務付けていた。

 友綱部屋も場所開催前の6日、イベント開催や外出の自粛を求める声が高まり、恒例の大阪市内のホテルでの千秋楽パーティーの中止を発表していた。

 しかし、大阪場所が初日を迎えた8日、取組終了後、一行は堺市にある馬場氏の実兄が経営する和食店へと向かった。

大阪市福島区の宿泊所近くにある友綱部屋の土俵 ©文藝春秋
土俵には「マスクの無い方の稽古見学はお断りさせて頂きます」 ©文藝春秋

「初日の予約はキャンセルの方向でしたが、『店側は仕入れも済ませている』などの理由で決行することになったのです。当日は友綱親方や力士、馬場氏を始めとする後援者ら十数人が参加。その場で『千秋楽(22日)もここで食事会をやろう』と盛り上がったそうです」(事情を知る関係者)

 大阪府では、3月19日、吉村洋文知事が20日からの3連休について大阪と兵庫間の不要不急の往来の自粛を要請し、「大阪と兵庫はいつ爆発的感染が起きてもおかしくない状況。大阪も感染者が増えており、警戒しないといけない」と会見で語った。

 だが、結局、22日の食事会も予定通り行われ、20人以上が集まり、3時間ほど過ごしたという。