昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

巨匠ジム・ジャームッシュが送るゾンビ・コメディ 「デッド・ドント・ダイ」を採点!

シネマチャート

〈あらすじ〉

アメリカの平和な田舎町センターヴィルで、夜になっても太陽が沈まず、携帯電話や時計が壊れ、動物たちが失踪するなどの、異常現象が続発していた。ある日、ダイナーの店主と従業員が、内臓を食いちぎられた変死体で発見される。警察署長のクリフ(ビル・マーレイ)と「ゾンビ犯行説」を唱える巡査のロニー(アダム・ドライバー)は、パトロール中に墓地の地面に何かが這い出たような穴を発見する。たちまち町は無数のゾンビに埋め尽くされてしまい、クリフたちは銃やナタを手に、日本刀を携えた葬儀屋のゼルダ(ティルダ・スウィントン)とともにゾンビに立ち向かっていく。

〈解説〉

『パターソン』以来3年ぶりとなる、ジム・ジャームッシュの監督・脚本作。現代社会への風刺を込めたゾンビ・コメディ。104分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★☆☆好みのスターばかり、なおかつ喜劇仕立てというので喜んだが、意外にちんまり。ファンにもたれかかってないか?

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★☆☆ジャームッシュの聡明なおとぼけはいつ見ても楽しいが、今回は終末論の接ぎ木がやや強引。俳優はさすがに粒ぞろいだ。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★☆☆ゾンビ好きには大笑いできる場面が盛沢山。それだけにラストの「台本」という台詞が出てくることには困惑。必要か?

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★★☆オールドゾンビの群れがトランプ時代の田舎町を襲う! この監督流儀の丸ごと「本気のジョーク」なメタジャンル映画。

  • 洞口依子(女優)

    ★★★★☆B・マーレイとA・ドライバーとゾンビとS・ゴメスと大量消費主義。今に通じる“何てめちゃくちゃな世界”を爆笑体験!

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
Abbot Genser / Focus Features © 2019 Image Eleven Productions, Inc.

INFORMATION

「デッド・ドント・ダイ」(スウェーデン・米)
TOHOシネマズ 日比谷ほかにて近日中公開
https://longride.jp/the-dead-dont-die/

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー