昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

なぜこのタイミング? 時価総額1位と3位の提携「トヨタ×NTT」がまったく話題にならないワケ

世界がコロナと戦う中で「お花畑」のような発表

source : 提携メディア

genre : ビジネス, 企業, 社会, 経済, 国際

時価総額1位と3位の提携「トヨタ×NTT」がまったく話題にならないワケ

なぜこのタイミングで記者会見したのか?

トヨタ自動車とNTTが3月24日、業務資本提携で合意したと発表した。「資本」では相互に2000億円ずつ出資し合う本格的なものだが、肝心の「業務」は「両社間で価値観を共有し社会の発展をめざすコアなパートナーとして、住民のニーズに応じて進化し続けるスマートシティの実現をめざし、スマートシティビジネスの事業化が可能な長期的かつ継続的な協業関係を構築する」と焦点が定まらない。

写真=時事通信フォト 資本業務提携を発表し、握手するトヨタ自動車の豊田章男社長(左)とNTTの澤田純社長=2020年3月24日、東京都千代田区 - 写真=時事通信フォト

日本の株式時価総額ランキングで1位と3位に君臨する巨人同士の握手だが、高揚感からは程遠い。AIなどデジタル技術の社会実装で先頭を走る中国の背中は遠のくばかりだ。

株式時価総額の2位はNTTドコモ。3月27日の終値でトヨタが約23兆円、NTTとNTTドコモの合計が約22兆円。4位のキーエンスは約8兆円。トヨタ、NTT、NTTドコモのトップ3に対する市場の評価がいかにずば抜けているかわかる。

その両グループが2000億円という大きな資金を動かしてまで「スクラムを組もう」と言うのだから、本来であれば大ニュースだ。発表当日24日の朝刊1面トップで日本経済新聞がすっぱ抜き翌日も発表記事を一面に掲載したが、他のメディアは小さな扱いにとどまった。

最初に浮かんだのは「なぜこのタイミングで」という疑問である。記者会見が開かれた24日、東京都はすでに新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大の瀬戸際にあるとされ、政府や都は「密閉、密集、密接」の“3密”を避けるよう繰り返し要望していた。しかし都内のホテルらしき場所で開かれたトヨタとNTTの記者会見はネット配信を見る限り、密室で開催され、記者の席は肘と肘がぶつかるほどの距離だった。

世界の大企業がコロナ対策を打つ中で「お花畑」の発表

トヨタの豊田章男社長は「長期的な関係を構築するには対等出資に意味がある」、NTTの澤田純社長は「この構造でGAFAに対抗する」と熱弁を振るったが、2人が感染していたら記者全員に感染しかねない距離感である。