昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 提携メディア

genre : ビジネス, 企業, 商品, 経済, 読書

『鬼滅の刃』小説版がジャンプ史上最速で100万部を突破した理由

鬼滅の刃』は近年の少年マンガには珍しく、人気のあるキャラクターであっても次々に死に、あるいは戦線から撤退していく。だから強烈な印象を残して去っていった「あのキャラの話がもっと読みたい!」というニーズを抱えている原作ファンは、小説でバックストーリーや学園ものが読めるとなれば、買ってしまうに決まっている。

ナンバリングをやめて読者を広げる

JUMP j BOOKS作品のほとんどは短編集だ。読者は、どの巻からでも、どの話からでも読むことができる。そのため、2019年6月に編集長が千葉佳余氏になって以降、『鬼滅の刃①』のようなナンバリング(巻数表記)をやめることにした。

「ナンバリングされていると書店で新刊を見ても『続きものなのかな』と思って買い控えをしまう方が、かなりの数いたんですね。ですから現在ではどの巻からでも読めることを伝えるために、巻ごとでサブタイトルを変えています。『鬼滅の刃』でも実際に効果があったようで、アニメ放送中からファンになった方が、放送終了後に発売した『鬼滅の刃 片羽の蝶』で小説版の存在を知って購入、そこから第1弾の『鬼滅の刃 しあわせの花』も読んだ、という反応を結構見ました」(中本氏)

原作者や小説家の力あってこそというのは無論のことだが、集英社が長年培ってきたノウハウが投下されているからこそ、『鬼滅の刃』小説版の記録的なヒットが生まれたのだ。

飯田 一史(いいだ・いちし)
ライター
マーケティング的視点と批評的観点からウェブカルチャーや出版産業、子どもの本について取材&調査してわかりやすく解説・分析。単著『マンガ雑誌は死んだ。で、どうなるの? マンガアプリ以降のマンガビジネス大転換時代』(星海社新書)、『ウェブ小説の衝撃─ネット発ヒットコンテンツのしくみ』(筑摩書房)など。グロービスMBA。

この記事の写真(1枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー