昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

巨人のスカウト部長“更迭 原辰徳監督の「堪忍袋の緒が切れた」理由

 巨人が4月1日付で行った“異例の時期”の人事異動に、チーム内は震え上がっているという。

「スカウト部長の長谷川国利氏(57)が、編成本部付部長へと配置換えになりました。事実上の更迭です」(スポーツ紙記者)

 長谷川氏は東海大相模―東海大卒業で、原辰徳監督(61)の直系の後輩。2018年オフの原監督の現場復帰に伴い、査定担当からスカウト部長に昇進していた。

「原監督の甥っ子でもある菅野智之投手が、11年のドラフトで日本ハム入りを拒否して東海大で浪人していた時も、当時スカウト課長の長谷川さんが世話を焼いていた。今の巨人コーチの後藤孝志さんを東海大野球部に臨時コーチの肩書で送り込んだりしてね。アマチュア球界の裏も表も知り尽くした人物です」(同前)

 そんな“腹心”がなぜ、更迭の憂き目となったのか。

「近年のドラフト上位が、ことごとくケガで戦力になっていない状況に、原監督がいら立ちを爆発させたともっぱらです」とはスポーツ紙デスク。

オープン戦最下位だった巨人・原辰徳監督 ©共同通信社

「特に昨年のドラフトでは、即戦力の投手を1人も獲れなかった。ドラフト2位の太田龍投手(JR東日本)は右肩を痛めていたのが分かっていながら、原監督了解のもと、素質込みで指名したんですが……」(同前)

 案の定、太田は1月の自主トレ期間中から右肩の不調を訴え、実戦デビューは3月中旬まで遅れた。

「原監督は投球を見て『社会人(出身)なんだから、あれくらいは2月1日に投げていてくれよ』と失望交じりに冷たく言い放っていた」(前出・スポーツ紙記者)