昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

柴咲コウ、事務所を“独立”して会社社長に 「経営手腕」はどうなのか

 4月1日、公式サイトで所属事務所・スターダストプロモーションからの退社を発表した女優の柴咲コウ(38)。今後は、自身が代表取締役社長を務めるレトロワグラース株式会社(以下レ社)で女優業のマネジメントを行うという。

「柴咲は2016年にレ社を設立。スターダストからファンクラブ事業や音楽関連の業務を引き継ぎ、独自に企画・開発したオーガニック製品や、柴咲がプロデュースするアパレルブランドのネット販売も手掛けている。彼女は政府の環境広報大使も務めるほど環境問題に関心が高く、その考え方やライフスタイルを自ら発信したいという思いが強い」(芸能記者)

柴咲コウ ©getty

 レ社が立ち上げられた当時から、柴咲の独立は取り沙汰されていた。

「その頃から、柴咲は『ひとりでやれるからいい』と撮影現場にマネージャーを連れず、自分で車を運転して行くようになっていました。16年放送のドラマ『氷の轍』で北海道ロケがあった際も1人で現れ、スタッフを困惑させていた。その後、17年の大河ドラマ『おんな城主 直虎』で主演を務めたのを区切りとして露出を減らし、会社経営に比重を移し始めたのです」(事務所関係者)