昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載近田春夫の考えるヒット

声優・内田真礼は“アイドル”と何が違うのか――近田春夫の考えるヒット

2020/04/16

『ノーシナリオ』(内田真礼)/『春はゆく』(Aimer)

絵=安斎肇

 気がつけばアニメ/声優勢の、jpop界に於ける幅の利かせかたといったら、もうものすごいものにもなっている訳で、私などのような疎い人間からすると、なにかいわゆるアイドルとも違う、また自作自演のシンガー/ソングライターたちとも違う、そこには独特に一貫したアイデンティティのあるのやらないのやら、どこかモヤモヤとした気分でジャンルを一括りにして眺めてしまっているところもある。以前、上坂すみれを取り上げた回でも書いたが、結局は、その本質とは地味な仕事――そもそも、かつて声優とは劇団員のバイト的な様相も強くみられ、そんな関係で、今のようには世間に姿を晒さぬ匿名的な職場だった――だという“ひかえめな自意識”を持つ、いい換えれば“アルチザン的体質”というものに集約される部分は、あるのやもしれぬ。

 いずれにせよ、少なくとも、アイドルを目指すのと声優を目指すのとでは、微妙にだが、動機は異なるようにも思える。

 内田真礼(まあや)は、アニメ・ゲーム好きが高じて声優の専門学校の門を叩きその道に進み歌手もこなすというまさしく“専門職”のキャリアを誇る、その筋では知らぬもののない存在なのだそうだが、そんな履歴ひとつを見ても、実に手堅い。それは、比べれば、何よりも“人気者”になることを最大の目的として華やかな業界に飛び込んでくる、アイドル志望者たちとは――繰り返しになるが――生き方/人生哲学が違うといっても、決して過言ではあるまい。

ノーシナリオ/内田真礼(まあや・ポニーキャニオン)2012年に『中二病でも恋がしたい!』で声優本格デビュー。本曲でシングル10枚目。

 そうした先入観も手伝ってか、『ノーシナリオ』を聴いてまず受けたのが、素の自分というより、仕事で与えられたキャラクターになりきって、一種芝居として歌っているようなそんな印象だった。殊更にあどけないのである(まぁ、そのあどけなさこそ、ある層にはたまらない魅力、売りなのだろうなということも、またよくわかるのだが……)。

 そして思ったものである。この曲をバリバリのアイドルが歌ったらどうだったろう。おそらくこうはならなかったのではないか? というのも、どんな楽曲であろうと――強引にでも――リアルな自分をその主人公に投影して精一杯アピールしてみせるのが、彼女たちに求められている“役目”とも思われるからである。

「芸は売っても体は売らぬ」じゃあないけれど、アニメ関係の歌手は、そこまでは生身の自身の商品化はしないのではなかろうか、というのが私の見解なのだが、この件に関しましては、是非! オタク系評論家の意見/反論なども待ちたいものであります。

 作詞作曲の渡辺翔は、音楽の道を志し、専門学校を出たのち、アニメやゲーム業界を中心に仕事をしているという。

 餅は餅屋というけれど、声優の曲は、こういったやはり手堅いキャリアの作家に任せておけば間違いないのだなと、あらためて実感をした次第。

春はゆく/Aimer(ソニー)18枚目のシングル。梶浦由記楽曲のアニメ映画『Fate/stay night』主題歌としては3作目となる。

 Aimer。

 ゴージャスでさみしいという、そこがこの声の魅力かな。

今週の旧友「“I Love Rock'n'Roll”のヒットで知られたTHE ARROWSのアラン・メリルとは、もう50年来の友人でさ。同い年で誕生日も同じ2月。ついこの間“5月になったら一緒にやろう”とやりとりをしたばかりだったんだ。そしたらこの3月末にコロナでね。聞いたときには呆然自失としてしまったよ」と近田春夫氏。「ご冥福を祈ります」

ちかだはるお/1951年東京都生まれ。ミュージシャン。現在、バンド「活躍中」や、DJのOMBとのユニット「LUNASUN」で活動中。近著に『考えるヒット テーマはジャニーズ』(スモール出版)。近作にソロアルバム『超冗談だから』、ベストアルバム『近田春夫ベスト~世界で一番いけない男』(ともにビクター)がある。

この記事の写真(3枚)

ツイッターやメルマガで最新情報をGET!