昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 提携メディア

genre : ニュース, 国際, 芸能

超人気AV女優「蒼井そら」が明らかにした反日中国人の意外な本音

「前から知っていました。きょう本人を見たけど、とても綺麗」
「彼女はとても明るいから好きです」

こうした声は、男性のみならず、女性からも聞かれた。

日中戦争の口火を切った盧溝橋事件は7月7日に起きた。そのため、中国で7月は「日本」というワードに対して敏感な時期と言われる。しかしここに「反日」の影は全く無かった。

「尖閣諸島は中国のモノ。蒼井そらは世界のモノ」

先に触れたように、2012年9月、日本政府が尖閣諸島の国有化を決めたことをきっかけに中国全土で反日デモの嵐が吹き荒れた。

デモ隊は、「日本は出て行け」「小日本(日本の蔑称)」と激しく罵る標語のプラカードを掲げ、シュプレヒコールを上げながら行進した。このデモで、若者たちの掲げるプラカードや壁の落書きに、不思議なフレーズが登場した。

「尖閣諸島は中国のモノ。蒼井そらは世界のモノ」

あれ、デモ隊、「日本製品はボイコット」って叫んでいなかったっけ? と突っ込みたくなるが、一方で、若い世代のユーモア感覚に感心した。何より、日本排斥を叫ぶ反日デモの最中にあっても、蒼井そらだけは中国にいて欲しい、と思われるほど、彼女は愛されているのだ。

中国では裸になる仕事はしていない

蒼井そらの中国での事務所は、北京中心部から少し離れた芸術家が多く住むエリアにある。倉庫のような天井の高い建物で、開放感があった。

反日デモから2年が過ぎた2014年7月、彼女の活動を通じて見える中国人の日本に対する本音を描きたい、とお願いしたところ、快くインタビューに応じてくれた。

「よろしくお願いします」と、麦藁帽の載った頭をひょこっと下げた彼女の第一印象は、小柄。

プロフィールによれば1983年生まれ。2002年にAVデビュー。アイドル歌手のようなルックスと身体は小柄ながら豊満なバストが売り。本人は自著『ぶっちゃけ蒼井そら』(ベスト新書)で「妹系AV女優」として時代の需要に乗ったと分析している。