昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 提携メディア

genre : ニュース, 国際, 芸能

超人気AV女優「蒼井そら」が明らかにした反日中国人の意外な本音

反日感情の原因は、やはり教育にある

一部の中国人は反日感情を持っている。その原因について尋ねると、やはり「教育」という答えが返ってきた。

「中国の教育が大きな問題であるのは、世界中の誰もが知っています。幼い頃から、日本が中国を侵略したと教育されました。それは事実であり忘れてはいけませんが、それにずっとこだわって、小日本や日本鬼子などと日本を侮辱し続けています。テレビでは抗日ドラマばかりやっています。そんな環境では人々は無知になるし偏見を持ちます」

様々な情報に触れる機会の多い、都会育ちらしい考え方だ。冷静で開かれている。

しかし、いくら日本贔屓といっても方さんは生粋の中国人である。祖国が日本に侵略された歴史についてはどう思っているのか?

「歴史は無視できないし客観的に存在しているので、中国人として忘れてはいけません。しかし、1つの国家が大きくなるためには、ただ昔のことだけを追及して、他人の過ちを言い続けるべきではありません。本当に自分が強くなれば昔のことをそんなに気にしなくて良いはずです」

靖国問題は「僕らはどうでもいい」

その翌日、方さんの友人たちが集まってくれる運びとなった。皆、蒼井そらや日本が大好きという。場所は当然の如く日本料理店。皆でよく利用するというお好み焼き店であった。

徐静さん(32歳)は日系企業の通訳をしている。日本語が達者だ。アニメ好きが高じて声優になりたいと思い立ち、仕事を辞めて日本に留学したというユニークな経歴を持つ男性だ。

辛叡傑さん(35歳)は、地下鉄職員。日本語はできないが、いつか日本に行くのが夢だ。

2013年12月26日、安倍総理が靖国神社を参拝した。中国外務省は、午後3時に開かれる定例記者会見を待たず、ホームページで報道官談話を発表し、「強い憤慨を表明する」と激しく非難した。

靖国神社にはA級戦犯が祀られていると指摘した上で「中国と他のアジアの戦争被害国の人民の感情を粗暴に踏みにじる」からだ。この「中国とアジアの人民の感情を傷つける」は、中国政府が歴史問題で日本を非難する際に使用する常套句である。