昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

大学生と駆け落ちした「電波子」 親思いの次男が逮捕されていた

「俺たちの母と金を奪ったAを絶対に許さない。必ず見つけ出してやる」

 そう息巻いていた家族思いの青年が、この3月、徳永神風(かみかぜ)“容疑者”(22)として報じられることに――。

◆◆◆

 90年代に一世を風靡したバラエティ番組「進め!電波少年」(日テレ系)。その番組内企画で“電波子”として活躍した智子さん(仮名・43)が神風の母親だ。19歳で歯科医師の夫と結婚し、三男一女に恵まれた智子さんだが、2018年2月、当時21歳だった都内有名私大の学生・A君と駆け落ちしてしまう。

元“電波子”(右)は今どこに

 智子さんの夫は糖尿病を患い、両目の視力を失っていた。一家の収入は生活保護と障害者手当。年子である4人の子供は奨学金で大学に通っていたが、智子さんは失踪当日、子供たちの通帳から計約180万円の奨学金を引き出していた。

 当時、夫は「週刊文春」にこう打ち明けている。

「失踪の翌日に、ゆうパックで通帳やカードが送られてきました。手紙などは一切なく、子供との写真も同封されていた。子供たちはひどく動揺しています」