昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

幹部A氏と富川、徳永は1日2回みっちり打ち合わせ

「しかし、感染拡大はこれだけでは収まらなそうなんです。実は番組主要ポジションの幹部スタッフ・A氏にも肺炎のような症状が出て、発熱を訴えています。彼は富川さんと密接に関わっているポジションだった。富川アナとパートナーの徳永有美アナ(44)、それにA氏を含めた番組幹部は、毎日夕方17時からと放送前の1日2回、みっちり打ち合わせをしています」(同前)

徳永アナも念のため出演とり止め(番組HPより)

 今後問題になってくるのは、今回ピンチヒッターを務めた小木アナなのだという。

小木アナが感染していたら“オールテレ朝”チームにも波及

「小木アナは報ステの金曜日のメインキャスターを担当しています。富川アナが月曜日から木曜日を担当しているので、金曜日班は難を逃れたように見えますが、A氏は曜日も関係なく小木アナとも“濃厚接触”していました。もし小木アナが感染していれば、総力戦で手伝ってくれている“オールテレ朝”チームにも拡大していく危険性があるのです」(同前)

4月13日(月)放送「報道ステーション」

“テレ朝のドン”が関係者に送ったメッセージ

 4月13日の朝、同局の代表取締役会長で“テレ朝のドン”と呼ばれる早河洋氏はテレビ朝日で働く関係者に書面でメッセージを送っている。