昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「コロナはテキーラで消毒」入院中の慶応研修医が「ふさわしくない行動」で注意を受けた

 慶応病院の研修医たちが、会食が禁止される中、懇親会を開き、起きてしまった新型コロナウイルス集団感染。感染して入院した研修医たちの一部が“問題行動“を起こし、慶応病院から注意を受けていたことが、「週刊文春」の取材でわかった。

「懇親会に参加した40人のうち、8人がコロナウイルスに感染したと判明。彼らがいるのは3号館南棟のいわゆる“VIP向け”で、安くても1泊5万円ほど。数が限られているので、一般病棟に入院している研修医もいます」(病院関係者)

慶応病院のVIP室がある病棟 ©文藝春秋

 小誌の報道を受けて、慶応病院の研修医を管理する卒後臨床研修センター長の平形道人氏は4月7日、研修医たちにメールを送った。懇親会に参加した研修医の処分は追って通知するなどの記述のほかに、次のような文章があった。

「入院中の研修医たちが、ふさわしくない行動をしている」

 いったい、研修医はどんな行動をとっていたのか。前出の病院関係者が明かす。

「修学旅行気分なのか、おたがいの部屋を行ったり来たり、騒ぎ放題。指導医や看護師が見張り役に回るほどです。なかには出前サービスのウーバーイーツで注文したり、ネットでショッピングする者もいたと医師や看護師の間でも話題になっています」

「お疲れ様会」で男性同士でキス

 さらには、SNSに「トイレで物々交換w コロナはテキーラで消毒!」と書き込んだ女性研修医もいたという。

「トイレットペーパーがかぶせてある紙コップが3つ並んでいる画像と、トイレの窓のふちに、うまい棒を2本置いた写真を投稿していました。テキーラが入った紙コップと駄菓子を交換したのでしょう」(研修医の友人)

女性がタルトを手で男性に

 慶応大学広報室はこう回答した。

「入院中の研修医の状況につきましては、詳細は個人情報になりますのでお答えいたしかねますが、個々人の状況を勘案しつつ、適切な指導を継続的に行っております」

 4月16日(木)発売の「週刊文春」では、慶応病院で何が起きているのか、小池百合子都知事のコロナ広報CMや安倍晋三首相の星野源コラボ動画をめぐる舞台裏、選挙区の温泉街で会合を開いた現職大臣などについて「新聞・テレビが報じないコロナ全真相」を22ページにわたって詳報する。

この記事の全文は下記サイトで購読できます
Yahoo!ニュース

この記事の写真(3枚)

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー