昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

【「立皇嗣の礼」延期】大多数が女性・女系天皇を支持!「秋篠宮家論争1000人アンケート」結果を発表

1000人アンケート!秋篠宮家論争《前篇》

 本来であれば、今日4月19日に行われるはずだった「立皇嗣の礼」。秋篠宮が皇位継承順位1位の皇嗣となったことを国内外に宣言する儀式だが、新型コロナウイルスの感染拡大で、東京など7都府県に緊急事態宣言が出ていることを考慮して、4月14日の閣議で政府が「延期」を決定した。

  2020年は、秋篠宮家にとって、文字通り「勝負の年」となるはずだった。「立皇嗣の礼」のほかにも、眞子さまと小室圭さんの結婚についても2年という延期の期限を迎える年。実際、秋篠宮自身も、昨年11月の誕生日会見で「何らかのことは発表する必要があると私は思っております」と述べていた。また、悠仁さま以降の安定的な皇位継承策の検討に向けて、政府が「旧宮家の復帰」を有識者にヒアリングしていたことが明らかになるなど、ここにきて秋篠宮家への注目度は高まっている。

秋篠宮ご一家 ©JMPA

 週刊文春WOMAN編集部では、文春オンラインで「【皇室アンケート】眞子さまと小室圭さんの結婚についてどう考えますか?」を実施。「眞子さまのご結婚」「秋篠宮さまと眞子さまの父娘関係」「将来の皇位継承について」「皇嗣となった秋篠宮家の改革」という4つのテーマについて意見を募集し、発売中の「週刊文春WOMAN」2020春号でその結果と分析記事を掲載した。2月19日から締切までの10日間で集まった回答数は1002通。10代~90代まで、男性は528人、女性は474人と幅広い層からの回答があった。

 今回は文春オンライン特別版として、誌面に収録しきれなかった具体的回答例をできるかぎり紹介する。(全2回の1回目/後編に続く)


Q1眞子さま「皇籍離脱」の可能性をどう考える?

Q1 イギリスでは、ヘンリー王子とメーガン妃が「王室離脱」をして、カナダでの新生活をスタートさせました。今後、眞子さまが「皇籍離脱」をしてまでも、小室圭さんとご結婚されるという選択をしたら、支持しますか?

 

 英国では「王室離脱」をしたヘンリー王子とメーガン妃が話題になったが、日本でも小室さんとの結婚が進まない眞子さまに「皇籍離脱」を予想する声が挙がっている。これを読者はどう考えるか。意外にも「支持する」に348票が集まり、全体の35%を占め、「支持しない」の47%に迫る勢いだった。

『週刊文春WOMAN』2020春号

 

眞子さま「皇籍離脱」を【支持する】人の答えは?

「好き同士ならば自己責任で自由に結婚すればいい。イギリスを例として、皇室を離れてもいいのではないかと思う」(59歳・男性)

「2年以上経っても結婚の意思が変わらないのは、そこに2人の本気さが感じられる。そもそも金銭問題は小室さんの親の問題で、当人にしか事情はわからないはず」(50歳・女性)

「小室さんは、イケメンでコミュ力があるし、頭も良くて優しそう。普通の人なら恐れ多くて眞子さまにアタックなんてできないと思うが、それをやってのける小室さんは大物だと思う。絶対逃さない方がいい。そうそう現れない。金銭問題は大したことない。今後2人で頑張っていけばいいと思う。応援しています。」(34歳・女性)